文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

わたしのビタミン

医療・健康・介護のコラム

コロナで「産後うつ増えた」と助産院開院した4児の母… 高校中退、大学1年で妊娠・出産を経験 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「赤ちゃん食堂」に取り組む助産師…菊地愛美さん(36)

悩めるママの伴走者に

 昨年4月、神奈川県寒川町で助産院を開きました。産後ケアや親子の居場所づくりを進めています。育児に悩む親の「伴走者」になりたい。「ゆっくりママになろうね」「頑張りすぎないで」。そう声をかけています。

 離乳食やミルクを無料で提供する「赤ちゃん食堂」にも取り組んでいます。離乳食の上手な作り方が分からず、作っても子どもが食べず、悩む人も多いのです。赤ちゃん食堂では、親にも1食400円で食事を提供しています。

 ゆっくりと温かいご飯を食べ、「幸せ」とみんなが言ってくれます。その瞬間、「やっていてよかった」と思います。

 自分自身、孤独に苦しんだ時期がありました。中学生の時に両親が離婚し、母と暮らすようになりました。すぐに母は体調を崩して働けなくなった。高校になじめず、誰にも相談できない日々を送り、3年生の時に中退しました。

 その後、生活のために飲食業などで昼夜なく働きました。まともに寝られず、温かいご飯も食べられなかった。「こんな生活がずっと続くのか」と、生きるのがつらくなりました。

 そんな時、助産師を志望した中学時代を思い出しました。授業で助産師が登場するビデオを見たのです。お母さんと赤ちゃんを支える姿が強く印象に残りました。「あこがれ」でした。

 お金も学歴もありませんが、頑張ろうと決めました。高卒認定試験に合格すると、母は100円、200円と少しずつためていたお金を使って、塾に通わせてくれました。そして大学に合格しました。

 1年生の冬には、長男の妊娠が分かり、半年間休学して出産しました。当時の交際相手だった夫に協力してもらいながら、学業と育児を両立させました。

 大学と専門学校を卒業して助産師や看護師の資格を得た後、病院などに勤めました。独立する意思が固まったのは、2020年に始まった新型コロナウイルスの感染拡大がきっかけです。

 出産時、病院などでは家族による立ち会いや面会が制限されました。お母さんたちが相談する環境も失われた。「産後うつの人が増えた」。そう感じていました。

 孤独なら、かつて自分も経験しました。子育てに疲れたお母さんを笑顔にしたい。心身を充電し、日々の生活に前向きになってほしい。今、支援できるのは助産師である自分だと思ったのです。

 今は企業から寄付を受け、配食サービス業者などから余剰食材を提供してもらっています。今後、取り組みを積極的に発信し、協力者を増やしたいと思います。

 いずれはお産も扱い、妊娠、出産、育児をトータルで支援できる拠点に発展させたいと考えています。「必要とされている」。そう思えることがパワーの源になっています。(聞き手・小池勇喜)

きくち・まなみ 1987年、青森県生まれ。慶応大看護医療学部、神奈川県立衛生看護専門学校助産師学科を卒業。助産師と看護師、保健師の資格を持つ。総合病院や産科クリニックでの勤務を経て、2022年4月、神奈川県寒川町に「助産院ママナハウス」を開業。4児の母。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

watashinovitamin_300-300

わたしのビタミン

 「わたしのビタミン」では、社会保障に関わる人が大切にしている思いや経験を語ってもらいます。その人を力づけ、周りにも元気を与える。そんなビタミンのような話を聞いていきます。

わたしのビタミンの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事