文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

山形の中学校で13人熱中症疑い、救急車呼んでも体育祭の練習続行…教頭「不適切だった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 山形市若宮の同市立第十中学校で24日、体育祭の練習中だった生徒13人が熱中症の疑いで搬送されるなどした問題で、長谷川 惣泰のぶひろ 教頭と市教育委員会の担当者は25日、救急車を要請後も練習を行ったことについて、「不適切な対応だった。もっと早く中止すべきだった」と述べた。

山形の中学校で13人熱中症疑い、救急車呼んでも体育祭の練習続行…教頭「不適切だった」

体育祭の練習中に生徒が熱中症の疑いで救急搬送された山形市立第十中学校(24日)

 市教委によると、24日午前9時20分に休憩を促した際、複数の生徒が体調不良を訴えたことから救急車を要請。保護者の車も含め、生徒が次々と病院に運ばれたが、午前9時50分には休憩を終え、残った生徒らで応援練習を始めた。約10分後の午前10時頃、熱中症の危険度を示す「暑さ指数」が、最も高い「危険」(運動は原則中止)にあたる32・0だったことから、練習を中止した。

 同中は今回の問題を受け、31日~9月1日に予定していた体育祭を10月下旬に延期した。

 また、南陽市は25日、市内8地区で27日と9月3日に開催予定だった市民大運動会を中止すると発表した。全生徒参加の学校行事としていた市立赤湯中を含め、両日で延べ約5700人が参加予定だった。

 大会会長の白岩孝夫市長は25日の記者会見で、「準備された方には心苦しいが、市民の命を守ることが大事だと判断した」と理解を求めた。

 県内各地で熱中症の疑いによる救急搬送が相次ぐ中、県は24日、直近1週間分の救急搬送状況の公表を始めた。25日には、部局間の情報共有を目的とした関係課長の対策会議を開き、中川崇・防災くらし安心部長が、「引き続き徹底した予防行動の周知を図り、特に高齢者や子どもたちへの注意喚起を行っていただきたい」と呼びかけた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事