文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宮本礼子・顕二「高齢者の終末期医療はよくなったのか」

医療・健康・介護のコラム

橋田寿賀子さんの著書でも注目された安楽死 ヨーロッパでは基礎疾患がない高齢者も…93歳の認知症女性は自ら服薬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
安楽死を認める国がヨーロッパで急増 基礎疾患がない高齢者にまで対象拡大

 「渡る世間は鬼ばかり」の脚本で有名な故橋田寿賀子さんが、2017年に「安楽死で死なせて下さい」(文春新書)を出版し、大きな反響を呼びました。当時90歳を過ぎた彼女は、自分の死に方について考えたとき、「安楽死が選択肢のひとつとして、ごく自然にあったらいいな」と述べています。

 安楽死とは、助かる見込みのない病人を、本人の希望に従って、苦痛の少ない方法で人為的に死なせることです(広辞苑より)。

 2019年に、ベルギーの車いす陸上パラリンピック金メダリストが40歳で安楽死しました。彼女は10代の時、断続的な 疼痛(とうつう) 発作を伴う原因不明の進行性四肢まひを発症、29歳の時に将来、医師が自分を安楽死させることを認める書類に署名していました。生前、「安楽死ができる可能性が、ここまで選手活動を続ける勇気を与えてくれた」と述べています。

国内でも安楽死を認める意見は多く

 少し古くなりますが、朝日新聞が2010年に行った全国調査(日本人の死生観)では、「治る見込みのない病気で余命が限られていることがわかった場合、投薬などで安楽死が選べるとしたら、選びたいと思いますか」という問いに、「安楽死を選びたい」が70%でした。また、安楽死を法律で認めることに賛成が74%でした。NHKが2014年に行った全国調査でも73%の人が安楽死を認めていました。

 一方で、安楽死を認めることは弱者や障害者排除につながる危険性があり、「死にたい」と思わせないような周囲の支援や質の高い介護の方が重要との意見もあります。

 昨年11月、カナダのトロントで開催された「死の権利協会世界連合」国際会議に参加してきました。この世界連合は、国籍、職業、宗教、倫理的および政治的見解に関係なく、死の権利を認めようとする人と団体の集まりです。安楽死を認める/求める国、あるいは安楽死は反対するが尊厳死を認める/求める国の人たちが参加しています。日本からは妻の礼子が(公財)日本尊厳死協会の代表として「日本の認知症終末期医療の問題点」を発表しました(※1)。

 今回、この会議の報告も兼ねて安楽死について考えてみたいと思います。

ナチスの歴史抱えるドイツも安楽死を認める

 近年、安楽死を認める国が西ヨーロッパを中心に急増しています(※2)。ドイツは第2次世界大戦中、ナチスによる障害者(多くは精神障害者)の大量殺人が「安楽死」として行われた歴史から、安楽死はタブーとされてきましたが、2020年、憲法裁判所が安楽死を認めました。

 2022年にはイタリアでも「合法的自殺 幇助(ほうじょ) 」が初めて実施されました。

 お隣の韓国では2018年、助かる見込みのない終末期患者の延命治療をとりやめることができる法律が施行されました。その後、2022年9月に、医師による自殺幇助を認める法案が野党から提出されましたが、これは医学界や患者団体から猛反対されたと聞いています。

死期が近い患者以外にも対象拡大

 当初、安楽死の対象は、死期が差し迫り、耐えがたい苦痛があるがん患者や遺伝性筋疾患、神経難病患者などに限られていましたが、最近は、認知症や精神疾患、そして90歳以上なら基礎疾患がなくても安楽死を認める国が増えてきました。今回の国際会議でも、カナダから認知症患者としては国内最初の安楽死の例が報告されていました。

※1 日本尊厳死協会は尊厳死(自然死、平穏死)を希望する人のためのリビングウィルの普及をはかることを目的にした公益財団法人です。安楽死には反対すると宣言しています。
※2 2023年5月時点で以下の国で安楽死が認められています。スイス、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、オーストリア、スペイン、イタリア、ドイツ、アメリカ(一部の州)、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、コロンビア、ポルトガル。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shumatsuki-iryo_eye

宮本礼子・顕二「高齢者の終末期医療はよくなったのか」
宮本礼子(みやもと・れいこ)

宮本礼子(みやもと・れいこ)
江別すずらん病院・認知症疾患医療センター長。日本尊厳死協会北海道支部長。1979年、旭川医科大学卒。内科医。専門は認知症医療と高齢者終末期医療。2012年に「高齢者の終末期医療を考える会」を設立し、代表となる。著書「 欧米に寝たきり老人はいない(夫、顕二と共著)」(中央公論新社)、「 認知症を堂々と生きる(共著)」(同)。

宮本顕二(みやもと・けんじ)

宮本顕二(みやもと・けんじ)
北海道大学名誉教授、北海道中央労災病院名誉院長。
1976年、北海道大学医学部卒。内科医。専門は呼吸器内科と高齢者終末期医療。


過去コラムはこちら

今こそ考えよう 高齢者の終末期医療

宮本礼子・顕二「高齢者の終末期医療はよくなったのか」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事