文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

武井明「思春期外来の窓から」

医療・健康・介護のコラム

進学校に入学したのに登校できなくなった女子高生 通信制高校に転校して生まれた心の変化…大人も見習いたい生き方とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
進学校に入学し不安が止まらない自閉スペクトラム症の女子高生…心配症の自分を乗り越えた方法とは?

 子どもたちは当たり前のように、毎日、学校に通っていますが、学校生活ではうまくいかないことがたくさんあるに違いありません。そんなことを一つ一つ心配していたら、悩みが尽きなくなってしまいます。

 今回は、心配性の女子高生がそのような悩みを乗り越えるコツを教えてくれました。

 遥香さん(仮名)は、幼い頃から音に過敏で、小さな物音ですぐに目を覚ます子でした。幼稚園では一人でお絵描きや折り紙に夢中で、他の園児と一緒になって遊ぶことはありませんでした。

 小学校ではおとなしく、とても几帳面な子で、勉強にも熱心に取り組んでいました。放課後は友達と遊ぶことはなく、すぐに帰宅し、お絵描きをしたりアニメを見たりしていました。

 中学校では、休み時間に一人で本を読んで過ごしていました。学校の規則をよく守り、忘れ物をしたこともありません。学業成績は常にトップクラスでした。

 高校は全日制の進学校に入学しました。どの教科も毎日のようにたくさん宿題を出す学校で、遥香さんは、宿題と翌日の予習のため、夜遅くまで勉強していました。一方、学校では友達をなかなか作ることができませんでした。

 高校1年の5月の連休明けから、朝になると頭痛や吐き気、めまいが起きて学校を休むようになりました。内科では異常がないということで、高校1年の夏休み明けにお母さん同伴で思春期外来を受診しました。

 遥香さんは主治医と視線をあまり合わせない子で、主治医からの質問にもほとんど答えませんでした。そのため、お母さんがこれまでの経過を話してくれました。

 「とてもまじめで、勉強をよくする子でした。悩みごとを話してくることがなかったので、学校ではうまくいっているものだと思っていました」

 遥香さんには、自閉スペクトラム症(ASD)の傾向が軽度ですが認められました。2週間に1度の頻度で、お母さん同伴で通院することになったのです。

アニメ関係の専門学校に入学…好きなことしている時が一番楽しい

 2回目以降の診察から、遥香さんは、スマートフォンのメモ帳に悩みごとを書き、それを主治医に見せるという診察を繰り返しました。

 通院して2か月後のメモには次のようにつづられていました。

 「登校する前日の夜になると、明日、学校で同級生と話ができるだろうか、無視されないだろうか、宿題は忘れていないだろうか、授業で当てられて答えられないことはないだろうかといったことが次々と頭に浮かび、不安でしかたありません。それで、夜も眠れなくなり、一睡もできないまま朝になることもありました」

 通院4か月後の診察では、相変わらず携帯電話のメモを主治医に見せてきましたが、話をしてくれることも多くなりました。進級が難しいと学校から言われたため、通信制高校に移ることにしたことも伝えてくれました。

 通院6か月後。通信制高校の週2回の登校日には休まず登校しています。この頃の遥香さんは、診察室でメモを使わず、うれしそうに、次のように話してくれました。

 「通信制高校は、根を詰めて勉強しなくてもいいので、とても楽です。そのせいか、この頃の私は、登校前日にあれこれ心配することをやめています。明日の心配ごとは、明日の自分が解決してくれると考えるようになったのです。だから、今日は今日の心配ごとだけを考えるようにしています。明日になってみないとわからないことがたくさんありますよね。今度の学校ではアニメが好きな友達もできました」

 その後の遥香さんは、アニメ関係の専門学校に入学しました。細かなことにこだわるところが少しあり、大勢の人の前は苦手ですが、好きなことをしている時が一番楽しいということで、通学を続けています。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takei-akira_prof

武井 明(たけい・あきら)

 1960年、北海道倶知安町生まれ。旭川医科大学大学院修了。精神科医。市立旭川病院精神神経科診療部長。思春期外来を長年にわたって担当。2009年、日本箱庭療法学会河合隼雄賞受賞。著書に「子どもたちのビミョーな本音」「ビミョーな子どもたち 精神科思春期外来」(いずれも日本評論社)など。

武井明「思春期外来の窓から」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事