文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」

医療・健康・介護のコラム

認知症の母の徘徊予防でドアに南京錠 娘は「つけたくないけど仕方ない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

保健師がドアの隙間から声かけ

 地域の民生委員から地域包括支援センターに、「高齢女性と娘が住む家のドアに南京錠がつけられている」という情報が寄せられた。民生委員からの連絡を受けて、地域包括支援センターの保健師と社会福祉士がその家に向かった。

 集合住宅の出入り口のドアノブと家の双方を頑丈なひもでくくり、輪っかにして南京錠をかけていたが、顔が出せる位に少し開いていた。インターホンを押しても反応がないため、声をかけてみると、高齢女性がドアの近くまでやってきた。保健師が「Aさんのお宅ですか? こちらの鍵がかかっていますが大丈夫ですか。おひとりですか」などと声をかけ、この地域を担当しており、住民の健康確認のため、地域の見回りをしていることを説明してみる。

 女性はニコニコしているが、こちらの言葉への返答はない。家族の帰宅予定時間や食事摂取状況、通院、困り事の有無などを聞いても「わからない」と繰り返すばかりで、理解力の低下がうかがわれ、意思疎通が困難だった。ドアの隙間から見える範囲では、体にアザなどの目立った外傷はなく、やせてもおらず、尿臭もなく、衣服も清潔であること、歩行可能であることを確認できた。15分くらいのやりとりのあと、民生委員に「娘さんが車で帰宅したら教えてほしい」と伝えて、その場をあとにした。

娘に南京錠の危険を伝えると「勝手に出て大変なのよ」

 17時ごろに再訪問したときには南京錠は外されており、娘さんが応対に出た。この地域の担当保健師であり、高齢住民の健康確認をしていることを説明し、「訪問時に南京錠が設置されていたため、火事や地震などの災害時に本人が避難する上で危険であり、心配している」と説明した。

 すると娘さんは「災害のことはわかるが、私は仕事で忙しいし、親の面倒もみている。あんたたちが何をしてくれるわけじゃないのに、なんでそんなふうに言われなきゃいけないの」と、すごい剣幕で話された。

 保健師は「お気持ちはごもっともですし、お母様の介護とお仕事を両立しながら頑張っておられると私たちは思っています。今回、お母様と少し話をいたしましたが、認知症を患っておられると感じました。認知症の症状によって、お母様が外に出てしまった場合を心配されているのではありませんか?」と声かけをした。

 娘さんは「そうなのよ。認知症がひどくって、勝手に外に出て大変なのよ。この前なんか、隣の市まで行ってしまって、警察から職場に電話があった時はビックリしてしまったわ。私も、こんな(南京錠)のつけたくないのだけど、仕方ないじゃない。でも、火事や地震はいつ起きるか分からないし、自分も仕事で帰りが遅い時もあるから、母のことが心配でもあるのよ」と返答があった。

 保健師は「火事や地震などの災害時を心配されているのですね。このように鍵を閉めてしまわれますと、ご本人の行動の制限になりますし、何か起きたときにお母様は逃げることが難しくなってしまうので、この南京錠は外していただけませんか。私たちもお母さんと娘さんのために、支援できることは最大限しますのでお願いします」と伝えた。

 さてどうするか。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

tsuruwaka-mari

鶴若麻理(つるわか・まり)

 聖路加国際大学教授(生命倫理学・看護倫理学)、同公衆衛生大学院兼任教授。
 早稲田大人間科学部卒業、同大学院博士課程修了後、同大人間総合研究センター助手、聖路加国際大助教を経て、現職。生命倫理の分野から本人の意向を尊重した保健、医療の選択や決定を実現するための支援や仕組みについて、臨床の人々と協働しながら研究・教育に携わっている。2020年度、聖路加国際大学大学院生命倫理学・看護倫理学コース(修士・博士課程)を開講。編著書に「看護師の倫理調整力 専門看護師の実践に学ぶ」(日本看護協会出版会)、「臨床のジレンマ30事例を解決に導く 看護管理と倫理の考えかた」(学研メディカル秀潤社)、「ナラティヴでみる看護倫理」(南江堂)。映像教材「終わりのない生命の物語3:5つの物語で考える生命倫理」(丸善出版,2023)を監修。鶴若麻理・那須真弓編著「認知症ケアと日常倫理:実践事例と当事者の声に学ぶ」(日本看護協会出版会,2023年)

鶴若麻理「看護師のノートから~倫理の扉をひらく」の一覧を見る

3件 のコメント

コメントを書く

何が大変か

頑張る子

言っても分かってもらえないことほど大変なことはない。右と言えば左、前と言えば後……。とてもじゃないが、きれい事など言っていられない。私もきっと鍵...

言っても分かってもらえないことほど大変なことはない。右と言えば左、前と言えば後……。とてもじゃないが、きれい事など言っていられない。私もきっと鍵を掛けます。そうしないと共倒れになります。お世話しない人には、何も分からないでしょう。

つづきを読む

違反報告

この支援にお金関係ある?

今日も暑い

娘さんにお金を支給していたら何らかの改善が得られたとは思えません。仕事をしないで付きっきりになれるほどの金額はありえないし。できる範囲でできるこ...

娘さんにお金を支給していたら何らかの改善が得られたとは思えません。仕事をしないで付きっきりになれるほどの金額はありえないし。できる範囲でできることをやっていると思う。

つづきを読む

違反報告

きれいごと

てつこ

きれいごとにしか思えません。親の介護は大変です。お金もかかります。娘が仕事で遅くなったら? 娘がきちんと納得できるお金の支援があれば前向きになれ...

きれいごとにしか思えません。親の介護は大変です。お金もかかります。娘が仕事で遅くなったら? 娘がきちんと納得できるお金の支援があれば前向きになれるでしょうね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事