文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

コロナ追加接種は9月20日開始、「XBB」対応で全世代対象…厚労省方針

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省は、全世代を対象に実施する追加接種を9月20日に始める方針を決めた。オミクロン株の新系統「XBB・1・5」に対応した新しいワクチンが使われる予定だ。厚労省が各都道府県や市町村などに開始日を周知した。

コロナ追加接種は9月20日開始、「XBB」対応で全世代対象…厚労省方針

新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 XBB対応ワクチンは、国内外で感染が広がるXBB系統に合わせて開発され、米ファイザーと米モデルナが7月、厚労省にそれぞれ承認申請した。今後、厚労省の専門家部会が承認の可否を議論する。予定通り接種を開始するには、薬事承認が前提となる。

 9月からの追加接種は、年末年始に予想される感染拡大に備えることなどが目的で、全世代が対象になる。今年度内は無料で接種を受けられる。

 ただ、重症化率の低下などを踏まえ、現時点で、健康な人には「接種勧奨」や「努力義務」を適用しない方針だ。高齢者や持病のある人など重症化リスクの高い人らを対象に現在行っている、「BA・5」などのオミクロン株対応ワクチンの追加接種は、9月19日に終了する。一方、ファイザー製のオミクロン株対応ワクチンは今月7日から、5~11歳の小児と12歳以上の人を対象に初回から受けられるようにする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事