文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

メディカルトリビューン

メディカルトリビューン

魚の高頻度摂取で高齢者のプレフレイル減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 最近発表されたシステマチックレビューとメタアナリシスによると、地中海食の摂取がプレフレイルのリスク低下と関連することが示されている。魚は日常の食事で取りやすい食品であり、含有する栄養素が身体的フレイルを予防することが示唆されている。しかし、長期にわたる習慣的な魚の摂取とプレフレイルとの関連についてはほとんど分かっていない。ノルウェー・University of OsloのDina Moxness Konglevoll氏らは、ノルウェーのトロムソ研究の参加者を対象に、魚摂取とプレフレイルの長期的な関連を、前向きコホート研究により検討。その結果、魚摂取頻度が高いこと、および長期にわたり一貫して頻繁に魚を摂取することはプレフレイルのリスク低下と関連することを、BMC Geriatrics( 2023年7月5日オンライン版 )で明らかにした。

高齢者4,350人を対象にした前向きコホート研究

魚の高頻度摂取で高齢者のプレフレイル減

(C)Adobe Stock ※画像はイメージです

 トロムソ研究は、ノルウェー北部トロムソ市の住民を対象に1974~2016年に実施された7つの調査から成る人口ベースの大規模研究。

 Konglevoll氏らの調査対象は、トロムソ研究の3つの研究、トロムソ4(1994~95年)、トロムソ6(2007~8年)、トロムソ7(2015~16年)の参加者で、フレイルと診断されていない、追跡調査時65歳以上、MMSE 24以上の4,350人とした。魚の摂取状況は自己申告で、脂肪の少ない魚(タラなど)、脂肪の多い魚(サケ、マス、サバ、ニシンなど)、これらを合計した魚全体の摂取頻度を月に0~3回(低頻度群)、週に1~3回(中頻度群)、週に4回以上(高頻度群)に分けた。なおプレフレイルの評価は、Friedらによる表現型モデルに基づきフレイル、プレフレイルおよび健康に分類した。魚摂取頻度とプレフレイルの長期的な関連性は、トロムソ6に関連する交絡因子を調整して3つの多変数ロジスティック回帰モデル(モデル1は年齢と性、モデル2はさらにBMI、教育、喫煙、活動レベル、自己申告の健康状態、併存疾患、モデル3はさらにサプリメントの使用について調整)を使用し、8年後と21年間の2パターンで分析した。

プレフレイル群は健康群より女性、高齢、一人暮らしが多い

 対象者4,350例は、追跡調査時の平均年齢65歳(57~87歳)、女性が52%を占め、28%(1,124例)がプレフレイルと分類された。プレフレイル群は健康群よりも女性、高齢、毎日の喫煙、非活動的(座りがちな)生活様式、低学歴、併存疾患、一人暮らしの割合が有意に高く、BMIも有意に高かったが、良好な社会的サポートや良好な健康状態の自己評価の割合は有意に低かった。全参加者の4分の3がタラ肝油および長鎖オメガ3脂肪酸のサプリメントを使用しており、プレフレイル群よりも健康群の方がより使用していた。

週4回以上の摂取で8年後のリスクを有意に低減

 トロムソ6をベースライン調査として、まず、脂肪の少ない魚、脂肪の多い魚、および魚総摂取頻度と8年後(トロムソ7に設定)のプレフレイルリスクとの関連性を調査した。8年間の追跡期間は予防策を実施しうるという点で臨床的に意義があるという。

 その結果、モデル3において脂肪の少ない魚の摂取、脂肪の多い魚の摂取、魚総摂取の高頻度群ではプレフレイルリスクが有意に低かった(脂肪の少ない魚:オッズ比0.72、95%CI 0.53~0.97、P<0.001、脂肪の多い魚:同0.63、0.44~0.92、P=0.04、魚総摂取:同0.68、0.52~0.90、P<0.001)。これらの結果は、サプリメントの使用を調整したモデル3でも同様であった。

21年後のリスクも低減

 さらに、長期にわたる魚総摂取量とプレフレイルリスクとの関連を評価。トロムソ6のモデル3において、21年間(1994~2016年)の追跡期間中に魚を一貫して高頻度に摂取した群(高、高、高頻度または高、高、中頻度の組合せ)では、プレフレイルリスクが低かった(オッズ比0.59、95%CI 0.38~0.91)。

 これらの結果を踏まえ、Konglevoll氏らは「健康的な食事において魚の摂取は重要な役割を果たすと言え、健康的に年を重ねるには積極的な魚摂取を勧めるべきである」と強調している。(宇佐美陽子)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

medical-tribune-logo_02

メディカルトリビューン
メディカルトリビューン はこちら

メディカルトリビューンの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事