文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宮本礼子・顕二「高齢者の終末期医療はよくなったのか」

医療・健康・介護のコラム

「人生会議」って何? 医師の意見に左右され、本人の希望が尊重されないことも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
「人生会議」って何? 医師の意見に左右され、本人の希望が尊重されないことも

 人は死が近づくと、その時、どのような医療やケア(介護)をしてほしいか、言えなくなります。そのため、そのような状況になる前に「人生会議」を行うことが勧められています。

 人生会議とはACP(アドバンス・ケア・プランニング)の愛称で、「もしものときのために、あなたが望む医療やケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、共有する取り組み」(厚生労働省)のことです。厚労省が令和元年に作成した人生会議の啓発ポスターが話題になりましたので、記憶に残っている方も多いと思います。誰もが迎える人生の終わりに、無意味な延命医療を受けて苦しんで死にたいのか、それとも、苦しみもなく自然に死にたいのか。人生会議の意味について考えてみてはいかがでしょう。

人生会議は医療・ケアチームの同意が必要

 人生会議には、本人とその家族(時に友人)のほか、医師、看護師、ソーシャルワーカーなどから成る医療・ケアチームが参加します。人生会議で話し合う内容の必須事項は、最期をどこで迎えたいのか、最期はどんな医療とケアを受けたいのか、そして、これら自分の考えを十分に理解している人はだれなのか、です。

 ところで、医療・ケアチームは専門家として、その人に最善と考えられる医療とケアを提案するのですが、本人が望むことと一致しないことがあります。

 こんな事例が、日本老年医学会ACP事例集に報告されています。(※1)

 慢性腎不全の84歳男性。本人は「透析(人工腎臓)だけは、勘弁してください」と訴えました。家族も「透析をしたくない」という本人の気持ちを尊重していました。にもかかわらず、看護師と医師が透析を強く勧めたため、1回目の人生会議では意見の一致がみられませんでした。3か月後に、その医師が海外の論文を調べ、「この患者の場合は、必ずしも透析療法の適応があるとはいえない」と医療・ケアチーム内で述べたことから、チームは患者の希望(透析をしない)が第1選択になりうるということに納得しました。そのことを患者に伝えると、患者はホッとした様子で笑顔を浮かべ、何度もうなずきました。最後は本人の意向が通りましたが、医療・ケアチームは3か月間も患者を不安に陥れていました。

 また、連載1回目の コラム(5月5日) で紹介したような例もあります。94歳の男性が脳出血で意識がなくなり、病院に搬送されました。担当医には、本人や家族の「経管栄養で延命されることを望んでいない」との意向が告げられたにもかかわらず、勝手に鼻チューブが挿入され、自然の経過でみとりたいという家族の希望が認められませんでした。こんな延命至上主義の医師にあたると、人生会議を開いても本人や家族の意思は尊重されません。

 このように人生会議は、医師の意見に大きく左右される危険性があります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shumatsuki-iryo_eye

宮本礼子・顕二「高齢者の終末期医療はよくなったのか」
宮本礼子(みやもと・れいこ)

宮本礼子(みやもと・れいこ)
江別すずらん病院・認知症疾患医療センター長。日本尊厳死協会北海道支部長。1979年、旭川医科大学卒。内科医。専門は認知症医療と高齢者終末期医療。2012年に「高齢者の終末期医療を考える会」を設立し、代表となる。著書「 欧米に寝たきり老人はいない(夫、顕二と共著)」(中央公論新社)、「 認知症を堂々と生きる(共著)」(同)。

宮本顕二(みやもと・けんじ)

宮本顕二(みやもと・けんじ)
北海道大学名誉教授、北海道中央労災病院名誉院長。
1976年、北海道大学医学部卒。内科医。専門は呼吸器内科と高齢者終末期医療。


過去コラムはこちら

今こそ考えよう 高齢者の終末期医療

宮本礼子・顕二「高齢者の終末期医療はよくなったのか」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事