文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

一病息災

闘病記

[萩本欽一さん]脳梗塞(3)坂上二郎さんはリハビリで復帰…「僕の笑いの人生をつくってくれた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[萩本欽一さん]脳梗塞(3)坂上二郎さんはリハビリで復帰…「僕の笑いの人生をつくってくれた」

 「そういえば、二郎さんもだった」

 2022年7月、右腕にしびれが出て脳 梗塞こうそく を疑った時、真っ先に、坂上二郎さんを思い浮かべた。お笑いコンビ「コント55号」の相方だ。人さし指と小指で飛行機のポーズをつくる「飛びます、飛びます」のギャグで知られる。

 7歳年上の坂上さんとコンビを結成したのは、25歳の時。舞台を激しく動き回る「欽ちゃん」と、とぼけた「二郎さん」の絶妙な掛け合いで1960~70年代に国民的な人気を集めた。

 その後、お互いに単独での仕事がメインになっても解散はしなかった。

 2003年9月、坂上さんが脳梗塞で倒れた。ゴルフのプレー中で、左半身にマヒが残った。翌年に舞台での共演を予定していた。

 「車いすでもいいから出てほしい」とお願いすると、坂上さんは、リハビリを経て舞台に復帰した。

 最後に会ったのは10年の終わり。坂上さんは、その年の夏に自宅で倒れ、起き上がれない状態だった。

 この時も共演の舞台が控えていた。出演できそうかを聞くと「大丈夫」と言う。

 「『飛びます、飛びます』はできないでしょ」と返すと、坂上さんは急に起き上がって「飛べません」と言った。

 11年3月10日、坂上さんの 訃報ふほう を受け、声を詰まらせながら、報道陣にコメントした。「恩人で、僕の楽しい笑いの人生をつくってくれた」

萩本欽一さんギャラリーページ【写真3枚】

コメディアン  萩本欽一(はぎもときんいち) さん(82)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一病息災の一覧を見る

最新記事