文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

産業医・夏目誠の「ストレスとの付き合い方」

医療・健康・介護のコラム

再発しやすいうつ病、4回発症休職を繰り返した管理職男性が迎えた結末は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
再発しやすいうつ病、4回発症休職を繰り返した管理職男性が迎えた結末は…

あかださきこ

 会社員が休職にいたる理由として、うつ病は主なものの一つです。一度発症すると、6割が再発する、言わば慢性疾患という特徴があります。意外とその理解が広がっていないと感じています。うつ病にどう対処していくのか。ある管理職の方は再発を繰り返したのですが、精神科医として最善の対応ができたか反省すべき点もあり、私にとっても悔いが残ったケースでした。

営業課長の時にうつ病を発症、半年休職

 40歳代半ばの田所太郎さん(仮名)は大手販売会社営業部次長です。私とのお付き合いは39歳の営業第1課長の時に始まりました。きちょうめんで責任感が強いタイプで順調に出世の階段を上ってきました。ところが課長に昇進して1年半後、夜よく眠れなくなり、気分は落ち込み、意欲は低下し、メンタルクリニックを受診するとうつ病の診断。5か月の休養と抗うつ薬などの治療を受けました。精神科産業医である私との関係は職場復帰のための面談からです。

 うつ病には様々なタイプがありますが、元々の性格傾向などの素因に強いストレスが加わって起こることが多いものです。田所さんの場合、課長になって、それまでの営業活動に加え、営業戦略の立案や部下の統率指導などが業務に加わりました。ただ、昇進して時間がたってからなので、うつ病になった発症原因が仕事のストレスなのか性格傾向などの素因の比重が高いのか判断をしかねるところがありました。そのため様子を見るつもりで、リハビリテーションを兼ねた1か月の試し出勤の後、それまでのライン職の課長ではなく、課長待遇として復帰しました。本人と私や会社の上司や人事も交えた話し合いの上、無理をしないようにとの配慮からです。

1 / 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsume02-prof

夏目誠(なつめ・まこと)

 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会元理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。新著は企業の人事や産業医向けの「職場不適応のサイン」ウェブ書籍「メンタル・キーワード療法~5分でできる簡易セラピー」。
夏目誠の公式ホームページ」「精神科医マコマコちゃんねる - YouTube

過去コラムはこちら

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

産業医・夏目誠の「ストレスとの付き合い方」の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

うちも同じ

まき

夫は何度も休職しているにもかかわらず役職にこだわり、後輩や同期と同じ役職を求めていました。あれだけ休んだら出世できないと、普通は分かりそうなもの...

夫は何度も休職しているにもかかわらず役職にこだわり、後輩や同期と同じ役職を求めていました。あれだけ休んだら出世できないと、普通は分かりそうなものだと妻の私は思っていました。コラムでは、妻を呼んだそうですが、妻の言うことなど受け入れません。うつ病の人は他人の言うことを受け入れるのは難しいように思います。先生が納得させられないのなら、家族を呼んでも同じです。どうしたらいいか家族もわかりません。

つづきを読む

違反報告

心の病気の指標

のんびり屋

夏目先生にとっても悔いをお感じになった事例とのことで、大変興味深く拝読しました。再発が繰り返されるタイプの人だと、勤務の時間と量が多いライン職か...

夏目先生にとっても悔いをお感じになった事例とのことで、大変興味深く拝読しました。再発が繰り返されるタイプの人だと、勤務の時間と量が多いライン職から外れてスタッフ職でいた場合でも、同期はがんがん働いているからと、余計に焦り、逆にうつになってしまうということも考えられます。職場での出世がすべてではないと、他に目を向ける余裕が生まれれば最善なのでしょうが、何か客観的な指標があれば、仕事人間的な人は案外納得し、抗うつ剤服用の継続などに協力するのかなとも感じました。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事