文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

認知症ポジティ部

 認知症になっても前向きに生きるためのヒントをお届けします。

介護・シニア

[高齢者の熱中症対策]食べて水分補給するレシピは?…冬物の衣服は目につく場所に置かない 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

鶏肉とそうめん たんぱく質も

 続いて「鶏肉の竜田揚げ入り混ぜそうめん」です。

 夏の定番メニュー・そうめんですが、つけ汁で食べるのではなく、めんつゆをかけて混ぜ、ごま油で風味を付けていただきます。

 「この食べ方だと様々な具材を加えられる。今回は竜田揚げで高齢者に不足しがちなたんぱく質をとれるようにした。から揚げや、エビやイカ、サケなどのフライも合う」と説明します。

 レンジ加熱で食べられる冷凍食品などを使えば、夏の台所で長時間、火を使う大変さもありません。

 作った混ぜそうめんを一緒にいただきました。水分を含んで、もちもちとした食感です。揚げ物がのっても、カイワレダイコンやレモン汁で、全体としてさっぱりとした味わいでした。

 「竜田揚げの味がしっかりあるので、味付けは薄め。ポン酢を使ったり、カイワレダイコンをキュウリにしたり、好きな食材でアレンジするのもいい」と大久保さん。

 しっかり食べてほしい時は、うどんやパスタで作るのもよさそうです。

 「食事から水分をとってもらう工夫は、いろいろできる。例えば冷凍食品のピラフを買ってきて牛乳で煮れば、リゾットがお手軽に作れる」(大久保さん)

料理・服装で熱中症対策

鶏肉の竜田揚げ入り混ぜそうめん

 ◇材料(2人分)

 そうめん100グラム/鶏の竜田揚げ(冷凍)4個/カイワレダイコン1/2パック/焼きのり適量/ごま油小さじ2/めんつゆ(3倍濃縮タイプ)大さじ1/水1/2カップ/レモン汁適量

 ◇作り方

《1》そうめんは2分ゆで、流水にさらして水気を切る

《2》鶏の竜田揚げ(冷凍)を商品の表示通りにレンジで温め、少し冷めたら一口大に切る

《3》ボウルに〈1〉と〈2〉を入れ、カイワレダイコンを加えてあえる

《4》ちぎった焼きのりとごま油を加え、混ぜる

《5》器に盛り、水で薄めためんつゆ、レモン汁をかける

 食べながら、介護をしていた頃の話を聞きました。

 大久保さんは食事の工夫以外にも、母親と一緒に歌ったり、詩を音読したりしていたそうです。

 「声を出せば、自然とのどの渇きを感じるようになる。『のど渇いたね』と一緒に何かを飲む時間を楽しめるといい」と助言します。

2 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ninchisho-positive_prof

認知症ポジティ部

 認知症になっても前向きに生きるためのヒントをお届けします。

認知症ポジティ部の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事