文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

一病息災

闘病記

[萩本欽一さん]脳梗塞(2)あと1時間、受診が遅れたら薬使えず…医師にやめてと忠告されたこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[萩本欽一さん]脳梗塞(2)あと1時間、受診が遅れたら薬使えず…医師にやめてと忠告されたこと

 2022年7月、右腕のしびれやめまいに襲われた。マネジャーが運転する車で駆け込んだ大学病院ですぐ、頭部の磁気共鳴画像(MRI)検査などを受けた。

 「萩本さん、軽い脳 梗塞こうそく だよ。入院、入院」

 対応した医師の厳しい表情から、事態の深刻さを理解した。検査画像には、細い血管が詰まった場所が、はっきりとうつっていた。

 すぐに、血管を詰まらせた血液の塊(血栓)を溶かす点滴治療を受けた。

 この治療は、マヒや、認知機能の障害などの後遺症や死亡を減らす効果がある。ただし、投与の対象は、発症して4時間半以内の早期患者に限られる。

 手のしびれが起きてから治療を始めるまで4時間ほど。治療の後、医師から、こう言われた。「あと1時間、受診が遅れたら、薬が使えず、危なかった」

 入院は7日間。早期に治療できたため、後遺症はなく、退院してすぐ、仕事に復帰できた。

 かかりつけの医師からは、再発を防ぐため、禁煙を強く勧められた。長年の習慣を簡単にはやめられないけど、できるだけ本数は減らすようにしている。おかげでたんやせきも出なくなった。血液をさらさらにする抗血栓薬は毎日、欠かさず飲んでいる。

 「右腕にしびれが出た後、マネジャーがすぐに来てくれた。早いタイミングで治療ができたおかげだね。ほら、この通り、元気になれたよ」

萩本欽一さんギャラリーページ【写真3枚】

コメディアン  萩本欽一(はぎもときんいち) さん(82)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一病息災の一覧を見る

最新記事