文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関の「ムーヴ・オン!」

医療・健康・介護のコラム

大谷翔平選手はどうしてあれだけ遠くに飛ばせるのか…飛距離が出せるバッターは後ろの足がつま先立ちに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大谷翔平選手の活躍がとまりません。野球関係者も報道関係者も大谷選手を称賛する言葉に困っているように感じます。ホームランも量産していますが、大谷選手のあれだけ遠くに飛ばせるバッティングにはどのような 秘訣(ひけつ) があるのでしょう。スポーツドクターとして大谷選手の股関節に注目しました。

「腰が回っている」と言うけれど

https://image.yomidr.yomiuri.co.jp/wp-content/uploads/2023/07/20230704-OYTET50020_01-L.jpg

ダイヤモンドバックス戦で大谷選手が放った30号本塁打=AP

 「バッティングでは腰の回転が大切」と指導者が言うことがあります。バットのスイングスピードが大きい分だけボールに力を伝達できると考えると、スイングスピードを大きくするために腰の回転が大切なことは想像できます。しかし、「腰が回っている」というのはあくまでもイメージです。ひと口に腰の骨と言いますが、五つで構成され、それぞれに関節を作っています。腰を「曲げる」「伸ばす」動きは大きいのですが、回旋の動きは少ないことが知られています。ですからバッティング動作で重要になってくるのは、腰と言うよりも股関節による回旋です。

 股関節がうまく使えず、回旋のタイミングやバランスがよくないと、本来回旋可動域の少ない腰に過度に負荷がかかり、腰に痛みがでることがあります。成長期では腰椎の疲労骨折(腰椎分離症)がしばしば起こります。素振りやバッティングの動作の回数の多さも問題ですが、うまく股関節を使っているかどうかも大切です。

股関節を伸ばす動きが重要

 右バッターの場合、後方に残る右の股関節を伸ばす動きが重要で、バットスイングにも大きく影響を与えているという研究があります(参考文献1)。大谷選手の場合は左バッターなので、左の股関節の伸びですね。股関節を伸展させる筋肉はお尻にある大殿筋で、このパワーがバッティングに影響を与えている可能性があります。

 また、遠くへ飛ばすバッターはインパクトした瞬間に後ろの足がつま先立ちになっており、踏み出した側の股関節で回ることが重要という意見があります(参考文献2)。インパクトした瞬間に後ろの足がつま先立ち、というのは股関節が伸展されて力をバットに伝達している姿勢になっていることも考えられます。そして、腰を回すのではなく、前の股関節で回すことの重要性が強調されており、股関節の大切さがうかがえます。そんな研究を頭に入れて、大谷選手のバッティングを見ています。

 また、バッティング動作では「身体が早く開かないように」と指導されることもあります。「開く」というのは、スイングして体が前を向いてしまう状態です。股関節の回旋のタイミングが早い場合に身体が早く開く動きになってしまうため、しっかりボールを引き付けるには、股関節でためを作ることが大切なのかもしれません。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

oozeki-nobutake_prof

大関 信武(おおぜき のぶたけ)

 整形外科専門医・博士(医学)、読売巨人軍チームドクター、日本スポーツ医学検定機構代表理事、日本スポーツ協会公認スポーツドクター

 1976年大阪府生まれ、2002年滋賀医科大学卒業、14年横浜市立大学大学院修了。15年より東京医科歯科大学勤務。野球、空手、ラグビーを経験。スポーツ指導者などへのスポーツ医学知識の普及を目指して「スポーツ医学検定」(春、秋)を運営している。東京2020オリンピック・パラリンピックでは選手村総合診療所整形外科ドクター。

過去コラムはこちら

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

スポーツDr.大関の「ムーヴ・オン!」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事