文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

一病息災

闘病記

[萩本欽一さん]脳梗塞(1)朝、目覚めると右手にしびれ 起き上がると「横にドドドーッと揺れた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[萩本欽一さん]脳梗塞(1)朝、目覚めると右手にしびれ 起き上がると「横にドドドーッと揺れた」

 1966年、お笑いコンビ「コント55号」でデビューし、「なんでそーなるの!」のギャグで一躍、お茶の間の人気者になった。「欽ちゃんのどこまでやるの!」など出演する番組の視聴率の合計が100%を超えて「視聴率100%男」と称された時期もある。

 63歳で社会人野球チームの監督になり、73歳で大学に入学。年齢を気にせず生きてきたが、80歳を迎える頃から、体力の衰えを感じるようになった。

 つまずいたり、よろけたり。「自分の体、いったいどうなっちゃったの?」と首をひねることが増えた。

 2022年7月13日朝、自宅で目覚めて、右手にビリビリとしびれを感じた。あまり気に留めなかったが、トイレに行こうと起き上がり、めまいに襲われた。

 「横にドドドーッと揺れた」。体がふらつく中、しびれは肘より上にじわじわ広がってきた。

 「まずいぞ。脳 梗塞こうそく かもしれない」

 一大事に気づけたのは、愛煙家だったから。かかりつけの医師から「脳梗塞に気をつけて」と注意を受けていた。脳梗塞は、脳の血管に、血液の塊(血栓)が詰まる病気。喫煙すると血栓ができやすくなり、脳梗塞の発症リスクが高まる。

 突然のめまいや、片側の手足のしびれなど症状も知っていた。

 駆けつけたマネジャーの運転する車で病院に向かった。

萩本欽一さんギャラリーページ【写真3枚】

コメディアン  萩本欽一(はぎもときんいち) さん(82)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一病息災の一覧を見る

最新記事