文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

医療・健康・介護のニュース・解説

「パンケーキ症候群」梅雨時から夏場にかけて要注意!…意識障害を起こして命に関わることも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 じめじめした梅雨時から夏場にかけては、「パンケーキ症候群」に気をつける必要があるといいます。意識障害を起こすこともあり、これから夏場にかけては特に注意が必要です。いったい、どのようなものなのか、「秋葉原あつたアレルギー呼吸器内科クリニック」(東京都千代田区)院長の熱田了さんに聞きました。(聞き手・利根川昌紀)

むしろパンケーキ以外で

梅雨時から夏場にかけて気をつけたい「パンケーキ症候群」とは?…意識障害を起こして命に関わることも

――パンケーキ症候群とは、かわいらしい名称ですが、どのようなものですか。

 パンケーキを口にした後、全身にアレルギー症状が出る病態です。湿疹やかゆみ、腹痛、下痢、 (おう)() 、くしゃみ、せき、胸からゼーゼー音がする (ぜん)(めい) といった症状が出ます。血圧低下や呼吸困難、意識障害を起こして命に関わることもあります。

 症状は、パンケーキを口にした直後から30分以内に出ることが多いですが、4時間程度たってから出ることもあります。大人でも子どもでも発症します。

――パンケーキ以外のものを食べても発症しますか。

 日本の場合、お好み焼きやたこ焼きを食べて発症する人の方が多いかもしれません。ただ、お店で食べた場合は、発症することはあまりないと思います。

――いずれも材料に小麦粉が使われています。小麦に対するアレルギーですか。

 パンケーキ症候群は、小麦粉などの中に混入したダニが原因です。小麦粉やホットケーキミックスの封を開けて使い切らず放置しておくと、袋の中にダニが入り込み繁殖します。それを口にするとアレルギー症状が出ます。パンケーキ症候群は、経口ダニアナフィラキシーと呼ばれています。

 ダニの数が少なければ問題は起きにくいですが、たくさん繁殖していると危険です。気温や湿度が高くなる梅雨時から夏場にかけては、ダニが繁殖しやすく、特に注意が必要です。

 小麦アレルギーも同じような症状が出ますが、小麦アレルギーがある人は、過去に症状が出たことがあると思います。今まで小麦製品を食べて何も症状が出なかったのに、パンケーキやお好み焼きなどを食べたら突然症状が出たといった場合、経口ダニアナフィラキシーを疑います。

 正確に診断するには、小麦をはじめ、エビなど、使われている食材に対するアレルギーがなく、ダニに対するアレルギーがあることを検査で確認する必要があります。

 日頃から鼻炎やぜんそくがあるという人はなりやすいと考えられています。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事