文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

産業医・夏目誠の「ストレスとの付き合い方」

医療・健康・介護のコラム

「現代型うつ病」の相談が減少…我慢するより転職の選択が

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「指導が悪いから、うつ病になった」

山田さん: 行きましたよ。そうしたら「担当者に任せてあるから、相談してくれ」と言われました。その指導がよくないから相談に来た、と言っても取り合ってくれないんですよ。

産業医 : そうですか。

山田さん: 僕は悪くないのに、こんなことが続くからうつ病になったんです。むかつきます。

産業医 : 自分で病名をつけるのですか?

山田さん: ネットで見た「新型うつ病」にぴったりですよ。

薬やカウンセリングが役立たない

 朝に気分が落ちこみ、好きなこともできず、生活に支障が生じる状態が続くのがうつ病です。一方、彼らは仕事を離れれば元気で、「自分を責める」のではなく、先輩や上司という他を責めます。

 精神科医として対応に苦慮してきました。休養加療を勧めることがよくあります。ただ、彼らの訴えるストレスは仕事、職場限定なので、抗うつ剤の効果が期待できません。また、悪いのは職場ですから、自分を振り返り対応を考えるカウンセリングも導入できません。上司を交えた話し合いと、抗不安薬や、不眠が強い場合は睡眠導入剤を処方して、経過を見てきました。

 このような「現代型うつ病」の相談は当事者からだけではなく、上司などから紹介されるケースも減っています。一方、近年に特徴的な相談を紹介します。

落ち込んでいるのではなく悩んでいる

 メーカー総務部に勤務する23歳の江川太郎さん(仮名)です。

産業医 : 産業医の夏目ですが、どうしましたか?

江川さん: 課長に相談するよう勧められました。ミスが重なり孤立して落ち込んでいるからでしょう。

産業医 : それで。

江川さん: もしかして病気があるかもしれないと考え、相談に来ました。

産業医 : 眠れないとか、落ち込んでいるのでしょうか。

江川さん: 迷っています。この会社に自分が合っているかどうか。

産業医 : まだ、入社して半年ですよね。

江川さん: やりたい仕事ではない。そうは言っても大企業、収入も良いので迷っ

ています。定年まで働くとは考えにくいです。

産業医 : だれかに相談をしましたか?

江川さん: 先輩に話をしたんですが、「入社して1年くらいは誰でも迷うことは

あるから。5月病だよ」と受け流された。

恵まれた会社なので、転職がいいのかどうか

産業医 : 本当は転職したいのでは?

江川さん: ブッチャケ、その通りです。

産業医 : 決心しているの?

江川さん: 迷います。

産業医 : あと半年くらい働いてみたらどうかな。なぜなら1年を通して働いてみないと、職場や仕事の実際はわからないでしょう。時機を見て、転職エージェントに相談してはどうでしょうか。

江川さん: わかりました。

 ストレスに伴う相談というよりも、職場や会社との不適合についての自分の考えを、私のような専門職にも聞いてみたいということだったようです。上司に勧められ、同意して相談に来ていました。会社側もこうした悩みを抱えた社員の一定数は転職するという経験をしてきているためか、上司から紹介され、私のところに相談に訪れるケースも減っています。

2 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

natsume02-prof

夏目誠(なつめ・まこと)

 精神科医、大阪樟蔭女子大名誉教授。長年にわたって企業の産業医として従業員の健康相談や復職支援に取り組み、メンタルヘルスの向上に取り組んでいる。日本産業ストレス学会元理事長。著書に「中高年に効く! メンタル防衛術」「『診断書』を読み解く力をつけろ」「『スマイル仮面』症候群」など。新著は企業の人事や産業医向けの「職場不適応のサイン」ウェブ書籍「メンタル・キーワード療法~5分でできる簡易セラピー」。
夏目誠の公式ホームページ」「精神科医マコマコちゃんねる - YouTube

過去コラムはこちら

産業医・夏目誠の「ハタラク心を精神分析する」

産業医・夏目誠の「ストレスとの付き合い方」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事