文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

認知症ポジティ部

 認知症になっても前向きに生きるためのヒントをお届けします。

介護・シニア

認知症の人と接する際に大切な三つの「ない」とは…自治体のサポーター講座に本紙記者が参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

寸劇などで「心得」具体的に

特徴や接し方 基礎学ぶ…自治体がサポーター講座 本紙記者が参加

 講座のテーマは、認知症の人と接する際にどうするのがいいか、に移りました。

 宍戸さんはまず、大切な「心得」として、「驚かせない、急がせない、自尊心を傷つけない、という三つの『ない』を意識してください」と力を込めました。

 後ろからいきなり声をかけると、驚かせてしまいやすいそうです。「自分が話しかけられたと気付いてもらえるように、視野に入ってから声をかけましょう」と宍戸さん。

 その他の「ポイント」として、できるだけ1人で声をかけること、穏やかに、はっきりと話すことなどを挙げていました。優しく接することは当然だと思っていましたが、どうすることが「優しい」ことになるのか、勉強になりました。

 休憩を挟んで、認知症サポーターとして活動中の区民らによる寸劇が始まりました。

特徴や接し方 基礎学ぶ…自治体がサポーター講座 本紙記者が参加

寸劇を見て、認知症への理解を深めた(いずれも、東京都板橋区の講座で)

 設定はコンビニ店。新人の店員が勤務しているときに、認知症の常連客がやってきました。

 認知症になったら、覚えることが難しいと思い込んでいる新人店員は、先輩に「早く顔を覚えてもらわないとね」と言われてびっくり。先輩店員は「何度も、同じ場所で同じ顔を見ていると、何となく覚えるのよ」と教えました。

 こうしたやりとりを続け、新人店員が認知症について理解を深めていくストーリーでした。

 「本人の視点になって考える」など、受講者に伝えたい大事なことが大きな紙に書かれて示され、出演者の合図でみんなで読み上げる場面もありました。

 宍戸さんが「皆さんもきょうから認知症サポーターです。認知症の人や家族を温かい目で見守り、自分にできることから実践してみてください」と締めくくり、90分間の講座は、あっという間に終了しました。受講を終えた証しとなる「認知症サポーターカード」を受け取りました。

特徴や接し方 基礎学ぶ…自治体がサポーター講座 本紙記者が参加

受講後にもらえる「認知症サポーターカード」

 この日はあいにくの雨でしたが、20~80代の33人が受講しました。高齢者にかかわる仕事をしている人、身内に高齢者がいる人など、目的も様々のようです。終了後に担当者に熱心に質問している人もいました。

 4月から高齢者向けの訪問マッサージ事業を始めたという苅谷志乃さん(36)は「ゆっくり話しかけること、驚かせないことの重要さを改めて意識しました」と感想を話していました。

2 / 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ninchisho-positive_prof

認知症ポジティ部

 認知症になっても前向きに生きるためのヒントをお届けします。

認知症ポジティ部の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事