文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

坂本壮「救急の世界」

医療・健康・介護のコラム

くも膜下出血ってどうやって判断するの?  危険な頭痛のサインを見逃すな

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
くも膜下出血ってどうやって判断するの? 危険な頭痛の横綱! 三つのサインを見逃すな

 みなさん、頭痛に襲われたことはありませんか?  市販の鎮痛薬を飲んで対応したり、痛みがひどくて病院を受診したりした方もいるでしょう。危険な頭痛の横綱、それが「くも膜下出血」(subarachnoid hemorrhage ; SAH)です。

 今回は、くも膜下出血らしい頭痛とはどのようなものかを理解しましょう。

くも膜下出血の疫学…発症は女性に多い

 くも膜下出血は、頭蓋内にあるくも膜下 (くう) に出血してしまう疾患です。外傷に起因するものを除くと、その多くは、脳の血管の一部が膨らむ脳動脈 (りゅう) が破裂することによって引き起こされます。

 発症のピークは女性が70歳代後半、男性が50歳代後半ですが、脳 梗塞(こうそく) や脳出血とは異なり、発症は女性に多く、しかも比較的若い患者が一定数存在するというのが、くも膜下出血の特徴です。

 脳卒中全体のうち、くも膜下出血が占める割合は6.7%と低いでのすが、予後は決して良いとは言えず、重症例では発症後間もなく亡くなるケースも少なくありません (1)

 脳梗塞と同様に、くも膜下出血も早期に診断し治療することが予後に直結します。症状を理解し、受診のタイミングを逃さぬよう危険なサインを把握しましょう。

くも膜下出血の来院パターン…再出血のリスク、救急車が理想的

 くも膜下出血の多くは救急車で来院します。脳卒中全体(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)の救急車利用率は60%程度ですが、くも膜下出血に限ると85.6%にも及びます (1) 。これは、以下に述べる、この病気の発症様式や症状が理由です。

 私の経験でも、くも膜下出血の10~20%は救急車ではなく1人で、または家族や同僚に連れられて救急外来を受診します。しかし、くも膜下出血は発症後に再出血を起こさないように管理する必要があり、くも膜下出血らしい頭痛などの症状が認められる場合には、救急車を呼んで対応してもらうのが理想的です。以下の典型的な症状を理解し、救急車を呼ぶべきか否かの判断に役立ててください。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sakamoto-so_prof

坂本 壮(さかもと・そう)

 地方独立行政法人 総合病院 国保旭中央病院 救命救急センター医長。2008年順天堂大学医学部卒業。順天堂大学医学部附属練馬病院救急・集中治療科、西伊豆健育会病院内科を経て,19年4月より現職。救急外来で研修医とともに奮闘中。救急初期対応などに関して、全国の研修医や看護師に向けて、「あたりまえのことをあたりまえに」をモットーに教育活動を行っている。趣味はミュージカル鑑賞。ミュージカル好きな方と盛り上がりたい。好きな漫画は「宇宙兄弟」。著書は「救急外来 ただいま診断中!」(中外医学社)など。

坂本壮「救急の世界」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

くも膜下出血

まき

明け方、経験したことのない頭痛に襲われ、一人暮らしなので自分で救急車を呼びました。乳がんのステージ4でかかっている救急病院の診察券を握りしめ、玄...

明け方、経験したことのない頭痛に襲われ、一人暮らしなので自分で救急車を呼びました。乳がんのステージ4でかかっている救急病院の診察券を握りしめ、玄関の鍵を開けたところまでは覚えていましたが、気が付いた時は開頭手術が終わって5日ほど過ぎ、集中治療室(ICU)のベッドにいました。乳がんでかかっている病院とは違う救急病院でしたが、一度はそこに運ばれたようで、後に乳腺の受診時、医師から「大変な経験をしたねえ」と言及されました。幸い、後遺症は視野狭窄(きょうさく)だけで、自動車の運転免許は返納しましたが、普通に生活を送っています。でも意識不明の後遺症は筋肉だけでなく内臓の不調にも影響するものだと思い知らされています。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事