文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

宮本礼子・顕二「高齢者の終末期医療はよくなったのか」

医療・健康・介護のコラム

宮本礼子・顕二「高齢者の終末期医療はよくなったのか」 5日スタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
宮本礼子・顕二「高齢者の終末期医療はよくなったのか」 5日スタート

 人は寿命が尽きるころになると食欲がなくなり、飲み込む力も衰え、食べたり飲んだりしなくなります。約60年前までは、そのまま枯れるように亡くなっていましたが、その後、医療が進歩し、人工栄養(鼻チューブ・胃ろうからの栄養、濃い点滴)が行われるようになりました。その結果、寝たきりで重度の認知症になっても、何年も生かされるようになりました。人生の最後が、これでよいのでしょうか。

 この問題を広く問うために、わたしたちは2012年に「 今こそ考えよう 高齢者の終末期医療 」という記事をヨミドクターに連載しました。幸い反響が大きく、多くの方からコメントをいただきました。

 あれから10年たちましたが、高齢者の終末期医療はどう変わったでしょうか。今回はその後の様子を、宮本礼子、宮本顕二の2人でお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

shumatsuki-iryo_eye

宮本礼子・顕二「高齢者の終末期医療はよくなったのか」
宮本礼子(みやもと・れいこ)

宮本礼子(みやもと・れいこ)
江別すずらん病院・認知症疾患医療センター長。日本尊厳死協会北海道支部長。1979年、旭川医科大学卒。内科医。専門は認知症医療と高齢者終末期医療。2012年に「高齢者の終末期医療を考える会」を設立し、代表となる。著書「 欧米に寝たきり老人はいない(夫、顕二と共著)」(中央公論新社)、「 認知症を堂々と生きる(共著)」(同)。

宮本顕二(みやもと・けんじ)

宮本顕二(みやもと・けんじ)
北海道大学名誉教授、北海道中央労災病院名誉院長。
1976年、北海道大学医学部卒。内科医。専門は呼吸器内科と高齢者終末期医療。


過去コラムはこちら

今こそ考えよう 高齢者の終末期医療

宮本礼子・顕二「高齢者の終末期医療はよくなったのか」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事