文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

武井明「思春期外来の窓から」

医療・健康・介護のコラム

男子高校生が深夜のオンラインゲームに依存していた本当のわけとは…その正体はトラウマだった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
男子高校生が深夜のオンラインゲームに依存していた本当のわけとは…その正体はトラウマだった

 私たち大人は、翌日が学校に行く日であることを考えると、子どもたちが深夜までゲームをすることに素直に賛成できないのではないでしょうか。しかし、子どもたちが夜遅くまでゲームに没頭するのには、それなりの理由があるのです。そのことを教えてくれた男子高校生を紹介したいと思います。

 拓真君(仮名)は両親と一緒に暮らしています。

 幼稚園時代から一人で遊ぶことを好み、集団にとけこむことが苦手でした。幼稚園の年長からポケモンのゲームを始め、数多くのポケモンの名前やその特徴をよく覚えていました。

 小学校入学後は、放課後すぐに帰宅し、ゲームに没頭する毎日を送っていました。教室ではおとなしいため、からかわれても上手に言い返すことができず、同級生から悪口を言われたり、教科書を隠されたり、時には頭をたたかれたりするようないじめに遭っていました。それでも、学校を休まず通い続けました。

 中学校入学後も、いじめが続きました。そのせいで2年生の2学期からは学校を休むようになりました。そして不登校の期間が長くなったため、2年生の10月にお母さんと一緒に思春期外来を受診したのです。

 初診時の拓真君は、中学生になってからオンラインゲームの「スプラトゥーン」(インクを塗り合ってチームで陣地を取り合う対戦ゲーム)に夢中になり、夜遅くまでゲームをするようになったことを話してくれました。

 お母さんは「ゲームが原因で登校できないことは分かっています。ゲームをやめるように口うるさく言いましたが、まったくやめる気がありません。それで、パソコンのWi-Fi(ワイファイ)がつながらないようにしましたが、拓真はそれを復旧させ、また使い始めました。夫に相談しても、好きなようにやらしておけというだけで無関心なのです」と泣きながら話しました。

 自閉スペクトラム症(ASD)のグレーゾーンと不登校、それにゲーム依存ということで、2週間に1度、お母さん同伴で通院してもらうことになりました。

夜中にゲームをする理由は仲間が集まってくるからだけではない

 その後、高校には無事、入学できたのですが、入学後、ゲームに没頭する生活がますますひどくなりました。夜中はほとんど眠らずに朝を迎える日が続きました。お父さんもついに、ゲームをやめるようにと言いましたが、拓真君は全く聞く耳を持ちませんでした。とうとう、夏休み明けから高校を休学することにしました。

 休学後に受診した拓真君に、主治医が「どうして夜中にゲームをするのだろうね」と尋ねると、こう明かしてくれました。

 「確かに夜になるとオンラインゲームの仲間がゲーム上に集まってくるということもありますが、それだけではないのです。実は、夜になると嫌なことばかり考えてしまうのです。小中学校でいじめられた場面を今でも思い出してしまうのです。学校でのいじめばかりではありません。お父さんとお母さんは昔から仲が悪く、僕が小さい頃から目の前で夫婦げんかばかりしていました。そんなことも夜になると思い出してしまいます。でも、夜、ゲームに夢中になると、嫌なことを忘れることができます。だから夜にゲームをすることがやめられないのです」

 その後の拓真君は、全日制高校を退学し、通信制高校に通うようになりました。通信制高校の登校日以外の日には相変わらず、夜中にゲームをしていますが、学校では同じゲーム好きの同級生と仲良くなり、休み時間にゲームの話で盛り上がることもありました。また、日中、コンビニでアルバイトを始めるようにもなりました。このような変化が生じた後の拓真君は、夜のゲーム時間が少しずつ短くなっていきました。

 通信制高校に通い出して6か月がたった拓真君は「アルバイトはきついけれど、店長さんが優しい人で、仕事を丁寧に教えてくれます。お客さんに感謝されることもたまにあるのです。リアルの世界が充実してくると、過去の嫌なことを思い出すことが少なくなりました」と話してくれました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

takei-akira_prof

武井 明(たけい・あきら)

 1960年、北海道倶知安町生まれ。旭川医科大学大学院修了。精神科医。市立旭川病院精神神経科診療部長。思春期外来を長年にわたって担当。2009年、日本箱庭療法学会河合隼雄賞受賞。著書に「子どもたちのビミョーな本音」「ビミョーな子どもたち 精神科思春期外来」(いずれも日本評論社)など。

武井明「思春期外来の窓から」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事