文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

医療・健康・介護のコラム

[イルカさん](上)パーキンソン病と闘った夫は、きっと天国で「僕たちも役に立ったよね」と

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 シンガー・ソングライターとして、日本の音楽シーンに確かな足跡を残してきたイルカさんは、2021年にはデビュー50周年を迎えました。誰もが心の奥底に持っている「やさしさ」や「 かな しさ」、それに「いつまでも忘れられない情景」などを、穏やかなメロディーに乗せて私たちに届け続けてくれています。

 どんなときも笑顔を絶やさないイルカさんにも、大切な人の「生と死」に直面した過去があります。夫であり、音楽面でも彼女を支えたプロデューサーの神部和夫さんが難病のパーキンソン病を患い、この世を去ったのが07年3月21日のこと。

 あなたに初めて出逢った日 懐かしい気持ちに包まれた
 きっといつまでもこの人と、居る様な気がした遠い日…

(「はるじょおん ひめじょおん ~野生の花~」 作詞・作曲イルカ)

 2人の出会いから、二人三脚で病と闘った日々を振り返ってもらいました。(聞き手・染谷一、撮影・小倉和徳)

夫には「私をあげますから、好きなように」と

[イルカさん](上)パーキンソン病で逝った夫、天国で「僕たちも役に立ったよね」と言っている

――2021年がデビュー50周年、そして、神部和夫さんが亡くなってから昨年で15年が過ぎました。

 夫に出会っていなかったら、私は100%、歌っていませんでした。自分からオーディションに行くことなど、絶対に考えられないタイプですから。「イルカ」という得体のしれない存在を発見してくれたことへの感謝は、年々深まっていきますね。

――大学の部活を通じて、おふたりは出会った。

 夫が21歳、私が18歳のときでした。大学は違ったのですが、フォークソング同好会での交流があって、私の存在に衝撃を受けたらしく、ずっと観察していたらしいんです。

――存在に衝撃! 「ダイヤの原石」として?

 それまで出会ったことがない「珍獣」みたいなものとして(笑)。

――いやいや(笑)、20歳前後の若い男の子ですから、異性として「いいな」と思わなければアプローチしなかったと思いますよ。

 ないない、それはないと思います(笑)。得体のしれない何かを私から感じて、それを発掘してくれたんです。よくぞ発見してくれた(笑)。

――もちろん、イルカさんご自身も、神部さんから影響を受けたわけですよね。

 彼は日本の歌をとても大切にしていて、米国にはフォークがあるけれど、日本にだって民謡や唱歌がある、と考えていた。それに、神部和夫という人に出会って、言葉の大切さも教わりました。

――イルカさんの曲にはラブソングもあるし、メルヘンっぽいもの、それに社会的なメッセージをガツンと伝えるものもありますよね。

 日ごろ、私が感じていることが言葉として曲に乗ったとき、聴いている人が共感してくれることに、彼は気づかせてくれました。「いいメロディー」「楽しい」と思ってもらうだけではなくてね。

――出会ってから、イルカさんが大学を卒業すると間もなく結婚し、同時に夫婦デュオ「シュリークス」としてデビューとなりました。

 彼は歌ってはいましたが、もともと音楽プロデューサーになるという意思が強かったんです。大変な思いをして生活している人たちが、苦労を忘れて楽しめたり、感動したりできるものを作り、それを動かせるプロデューサーになろうと、高校生のころから決心していたようです。

1 / 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事