文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

お笑いタレントのにしおかすみこさん コロナ禍で認知症の母親を介護

インタビューズ

[にしおかすみこさん](上)コロナ禍で認知症になった母…何をしても私が「ダメ」と言わないワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「作り置き」に大量のしょうゆ、酢……。父が食べちゃう

[お笑いタレント にしおかすみこさん](上)コロナ禍で認知症になった母…何をしても私が「ダメ」と言わないワケ

――今、どのようなことが一番大変ですか。

 一緒に何とか、楽しく暮らせていけたらいいんですけど……。私も母も生きやすいように、対策を取るのですが、(病状が)進んでいくので現状維持が難しくなる。「先行きどうなるんだろう」って考えると、絶望的にもなります。

 例えば、(自分以外の家族)3人分のご飯を作り置きするんです。保存容器に入れて。最初は食べてくれなかったんですけど、なんとか食べてくれるようになった。でも、それを混ぜてしまったり、容器にしょうゆをめちゃくちゃ入れちゃったり、酢でドボドボにしたり……。夜中、仕事が終わって帰ると、それが残っていたりするから、これどうしたらいいかなって思ってしまいます。それを酔っ払った父が食べる。結果、食べて何ともなさそうなので、もういいかって(笑)。もっと(認知症が)進行した家族がいる方々はどうしているのか、逆に聞いてみたいです。

――寄り添い方で、意識されていることはありますか。

 なるべく、「ダメ」って言わないようにはしています。危なっかしいし心配なことは多いので、ついつい、ちょっとダメだよって言いそうになるんですけど、あんまり縛られたくもないと思うんですよね。自由に生きたいと思うし、割と放っています。

 例えば、散歩に出かけてケガをしたり、どっか行って帰って来られなくなっちゃったり、万一のことがあったりしても、もうそれは母の人生だから。私は後悔すると思いますけど、だからと言ってそれが怖くてダメっていうのはちょっと違うなと思うので放っています。

日常をウェブでつづる 「笑った」の反響はうれしい

――そういった日常を2021年9月から、講談社のウェブサイト「FRaU web(フラウ ウェブ)」で公開、今年1月には書籍「ポンコツ一家」(講談社)として出版されました。家族のことを公開されようと思ったのはどうしてですか。

 生活費を稼がなきゃいけないというのがまず一つ。あとは書くことが好きだったので、好きなことをしようと思いました。一緒に母と生活していて、(自分が)心、頭、体全部が元気っていうのがずっと長く続くかどうかって言ったら怪しい。元気なうちにやりたいことはやろうと。

[お笑いタレント にしおかすみこさん](上)コロナ禍で認知症になった母…何をしても私が「ダメ」と言わないワケ

にしおかすみこさんの新著「ポンコツ一家」(講談社、1540円)

 誰か、家族が倒れた時に家でできる仕事があったらいいなとも考えました。それに、読んでくださる方が笑ってくださったりとか、悩んでいる方が癒やされたり、疲れが少しでも取れたりすると、すごくうれしいなと思って書こうと決めました。

――大変なことも多いと思いますが、コミカルに描かれていますね。書き始めて反響はありましたか。

 すごく皆さん優しくて、励ましてくださります。あとやっぱり「笑った」とかいう書き込みを見ると、とてもうれしい。私も元気になります。

――「笑っていいものなのか」と思いながら読みました。

 笑ってください! はい(笑)。

【写真】趣味のベジタブルカービング作品

[お笑いタレント にしおかすみこさん](上)コロナ禍で認知症になった母…何をしても私が「ダメ」と言わないワケ

にしおかすみこ 1974年生まれ、千葉県出身。2007年日本テレビ「エンタの神様」で女王様キャラのSMネタでブレイク。春風亭小朝師匠の指導のもと、落語に挑戦。高座名は「春風こえむ」。著書には自叙伝エッセー「化けの皮」がある。テレビ東京「なないろ日和!」など、リポーターとしても活躍中。趣味のマラソンでは、2019年にフルマラソンで3時間05分03秒、2015年能登半島すずウルトラマラソン102km女子の部にて第2位。最近はベジタブルカービングにハマり、クオリティーの高さで話題になる。「FRaU web」にて「ポンコツ一家」連載中(毎月20日更新)。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

interviews

インタビューズ
 

インタビューズの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

お笑いタレントのにしおかすみこさん コロナ禍で認知症の母親を介護

最新記事