文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

乾パンが非常食にならない!?…おすすめしたい「災害食」は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
乾パンパフェ風デザート

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 阪神大震災が起きた1月17日を過ぎ、東日本大震災のあった3月11日が近づいてきました。災害への備えについて考えることも多い時期です。今回からしばらく非常食についてお話したいと思います。

低栄養を防ぐには

 非常食といえば、乾パン。保存や携帯に便利なように硬く焼いたビスケット状の菓子で、現在でも自衛隊の携行食として採用されています。

 ところが、先日、ケアマネジャーさんから「利用者さんのおうちに賞味期限間近の乾パンがあるけれど、硬くて利用者さんは食べられないので、どうしたらいいか」と相談を受けました。

 お年寄りの場合、硬い乾パンが食べにくいということがあります。普段の生活で食べられないものは、非常時といっても食べることはできません。このため、災害時には、高齢者は低栄養になりやすくなります。そのことを意識して、食べられるものを準備することが大切です。

 2000年代中ごろから「災害食」という新しい概念も登場しています。常温で半年程度、保存可能な食品や常温保管できる野菜など、普段食べているものを備蓄するという考え方です。最近では、この「災害食」を含んで「非常食」と呼ばれていることが多いようです。

 乾パンの代わりに、私が「災害食」としておすすめしているのは、「チョコパイ」「キャラメルコーン」などのお菓子、保存のきくLL牛乳(常温保存牛乳)やジュース、「明治メイバランスMiniカップ」、ゼリータイプの「カロリーメイト」などの栄養食品です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事