文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

大腸がんの5年生存率 「ステージ3」までなら7割以上、「4」まで進むと…検診は何やるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
大腸がんの5年生存率 「ステージ3」までなら7割以上、「4」まで進むと…検診は何やるの?

   大腸がん検診の案内が来たよ。何も症状がないけど受けた方がいい?

  ヨミドック  受けましょう。大腸がんの早期はほとんど自覚症状がありません。治しやすいがんですが、極めて進行すると助かりにくくなります。ステージ3までの5年生存率は7割以上ですが、ステージ4は2割を切ります。

   そもそもどんな病気?

   大腸にでき、治療は内視鏡を含む手術での切除が基本です。日本人が最も多くかかるがんで、40歳頃から患者が増えます。年齢構成をそろえて比べると、日本は先進諸国の中で大腸がん死亡率が最も高い状況です。

   そんなに。

   そこで検診の受診率を上げようとしています。がん検診は市区町村や企業などが行いますが、正確な受診率は把握できていません。厚生労働省のアンケートによると、2019年の大腸がん検診は受診率が44%ほど。国の目標の50%を下回ります。

   受けたほうがいいのにね。検査キットがあるんだね。

大腸がんの5年生存率 「ステージ3」までなら7割以上、「4」まで進むと…検診は何やるの?

   便に血が混ざっていないかを調べる「便潜血検査」です。がんがあると、腸内を通る便の表面に血が付きます。検査では、出た便の表面を棒でまんべんなくこすり、棒の溝が埋まる程度に採取して、2日分を提出します。

    だと血が付くかも。

   痔や生理による血と勝手に判断し、陽性でもそのままにする人がいるようですが、精密検査は受けましょう。がんでないかもしれません。ただ過去の研究では、精密検査が必要なのに受けなかった人が大腸がんで死亡するリスクは、受けた人の約4倍だというデータもあります。

   どんな精密検査かな?

   内視鏡検査です。食事は検査前日から指示に従ってください。当日は専用の下剤を飲み、腸内の便を全て出してから検査開始。お尻から盲腸まで内視鏡を入れ、中をくまなく見ます。内視鏡を進める時に痛みが生じることもあり、必要なら鎮痛剤を使います。良性のポリープなどはその場で取る場合もあります。

   不安だなあ。

   大腸がんの多くはゆっくり進むので、検診を受けていれば、命が助かる時期に見つかることは多いのです。便潜血検査は簡単な検査。ぜひ毎年、受けてください。(鈴木希/取材協力=松田一夫・福井県健康管理協会副理事長、小林望・国立がん研究センター中央病院検診センター長)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事