文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

漫画で伝える「ヤングケアラー」の人生…当事者と専門家の視点から支援を訴える美齊津康弘さん

インタビューズ

誰も助けてくれなかった、小学5年で始まった親の介護…「48歳で認知症になった母」原作者・美齊津康弘さん(上)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

他人には知られたくない

誰も助けてくれなかった、小学5年で始まった親の介護…「48歳で認知症になった母」原作者・美齊津康弘さん(上)

(C)Yoshida Mikiko、Misaizu Yasuhiro

周囲の目を気にして誰にも相談できなかった日々を振り返る美齊津さん

 ――家族だけではどうにもならなかったのであれば、地域や行政の支援はなかったのでしょうか。

 誰かに助けてもらった記憶は、ほとんどありません。私だけでなく、家族みんなが母のことを隠していました。なるべく部屋から出さずに、近所の人にも見つからないようにして暮らすのに、神経をすり減らしていました。

 ――きれいで頭が良くてすてきだったお母さんが変わってしまったのを、人に見られたくなかった?

 一言でいうなら、世間体を気にした、というのが大きかったと思います。母親が若くしてぼけてしまったのは、家族にとってもショックでしたし、それを周りに知られたらどういう目で見られるのか、どんな反応があるのか、全く想像がつかなかった。

 私自身は、友達に言っても先生に言っても、どうせ分かってもらえるはずがないと思っていました。母のことを恥ずかしいとも思っていたし、周りに知られたらどうなっちゃうんだろうと考えると怖さがありました。

「本人が一番つらい」…分かっていても

 ――何の助けもなく、苦しい日々をどうやって過ごしていたのでしょうか?

 頑張って乗り越えよう、なんて気持ちには、到底なれませんでした。こんな人生、もうどうでもいいと、全てに対して投げやりになっていました。

 なぜ、よりによってうちの母が病気になったのか。なぜ、自分だけこんな思いをしなくてはならないのか。自分の中でたまったうっぷんを向ける先は、「世間」でした。こんなに子どもが苦しんでいるのに、世間の人は誰も助けてくれない。世間が悪いっていうふうに、世の中全体を敵視してしまう。幸せそうな人を見ると、筋違いの恨みやひがみのような感情が湧いてくる。自分でも、かなりゆがんだ心理状態だったと思います。

誰も助けてくれなかった、小学5年で始まった親の介護…「48歳で認知症になった母」原作者・美齊津康弘さん(上)

(C)Yoshida Mikiko、Misaizu Yasuhiro

 ――お母さん自身は、どんな気持ちだったのでしょうか。

 本人は、とにかく不安だったと思います。自分には分からないことだらけで、身近な人たちから、叱られたり責められたりするわけですから。周囲はみんな敵だと思っていたかもしれません。不安と恐怖の中で過ごしていたんじゃないでしょうか。

 ただ、そんなふうに想像するようになったのは、大人になってからです。当時は、私の顔も忘れてしまう母に対して、にくたらしい、許せないっていう感情でいっぱいでした。

 ――病気になる前は、大好きなお母さんだったのですよね。

 当時も子どもなりに頭では分かっているんです。一番つらいのは、母自身なんだということが。分かってはいるんですが、目の前で繰り広げられる認知症の症状を見ると、もう瞬間的に許せなくなってしまって。そんな自分に罪悪感もあり、さらに苦しんでいました。

2 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

interviews

インタビューズ
 

インタビューズの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

漫画で伝える「ヤングケアラー」の人生…当事者と専門家の視点から支援を訴える美齊津康弘さん

最新記事