文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

医療・健康・介護のコラム

[書道家 武田双雲さん](上)ADHDとわかって気が楽になった…会社員時代、電話のメモを毛筆で書いて起こったこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 書道家の武田双雲さんは、子供のころから衝動的に行動するために、けがが多く、時間割に合わせて学校の準備をすることも苦手だったそうです。ADHD(注意欠陥・多動性障害)だとわかって「気が楽になった」と言います。(聞き手・斎藤雄介、撮影・中山博敬)

「最初に気づいたのは妻」

[書道家 武田双雲さん](上)ADHDとわかって気が楽になった…「ちゃんとしろよ」と言われ続けて

――自分がADHDだと思ったきっかけはありますか。

 最初、妻が、ぼくのことをADHDじゃないかと疑い始めたんですね。新婚旅行で、フランスの観光名所、モンサンミッシェルに行ったんですけど、ぼくは3回くらい行方不明になったんです。ぼくの側から見ると、気づくと妻もいないし、同じバスの旅行客もいない。

 妻から「(一緒に)やっていけない」と言われました。でも、ぼくは、なんでやっていけないのかが、わからない。妻の言うことの意味がわからないんですよ。

 妻は危機感を持ったのでしょう、ADHDの本を読んでいました。でも、ぼくは興味を持たなかったんです。

 2016年ぐらいに、たまたまインターネットの記事で、アインシュタインがADHDだったのではないかという記事を見て、「なんだろADHDって。聞いたことあるな」と思って検索したら、診断サイトが出てきた。それを見たら、ほとんど当てはまりました。自分の説明書かなと思うぐらい。

 その後、岩波明先生(昭和大学附属烏山病院病院長)とお会いして、「ほぼ確実にADHDでしょう」と言われました。それで、すごい気が楽になったんですよ。子供のころから、「ちゃんとしろよ」と言われ続けてきたんですが、そういう性質だったんだと受け入れることができました。ADHDという言葉が、ぼくを救ってくれた。

 今も日常生活はいろいろあるけれど、周りからのサポートもあるので薬の処方は受けていません。

――ADHDの特性とはどのようなものですか。

 ぼくは、ADHDの多動性、衝動性を強くもっています。こうしていても、体が止まらないです。今も足が動いている。ずっとどこか動いていますね。

 衝動的に何かをやろうとするんですよ。突然、ジャンプしたり、突然、変顔をしたり、自分で思ってもないことを言ったりするんです。それが面白いって言ってくれる人もいるし、怒らせてしまうこともある。

 これをやったら面白いだろうと思ったら先に体が動く。そんな感じです。

ストーブに座って大やけど

――子供のころは大変だったのではないですか。

 小学校のときには、目をつぶってどこまで行けるか試しました。壁にぶつかって目の上を切って、血だらけで家に帰りました。大けがですよ。

 ストーブの上に座っても、一瞬なら熱は伝わらないんじゃないかと思って、パッと座って大やけどです。なんでそんなことをするんだろうと思うのですが、ふと思ってやるんです。危ないですよね。

 3回目に骨を折ったときには母親が「マイ松葉づえ」を買ってくれたんです。松葉づえは病院で貸してもらうもので、普通なかなか買わないですよね。学校にいると、なんか楽しくなっちゃって、松葉づえでいろんなクラスを回るんですけど、それでものを壊したりしてね。

 子供のころは衝動性がひどいですね。ひとつひとつのことに興味が行くから、まったく周りが見えてないんです。視野が狭い。

 気は強くないんです。性格はビビリ(怖がり)なんですよ。怖いものに立ち向かっていく勇気もない。それなのに衝動性でやってしまうという感じ。思った瞬間に体が動いちゃう。

「いまも学校時代の悪夢見る」

――勉強も苦労したのではないですか。

 時間割通りに授業の用意ができないんです。そういうことがとても苦手です。

 いまだに学校が夢に出ます。みんなについて行けない夢。みんな、プリントとか用意するんだけど、何を用意しているのか、さっぱりわからない。何の授業? これ何の授業? 一人だけわかっていない。いまだにそういう悪夢を見る。

 びっくりするぐらい勉強しないし、びっくりするぐらい宿題をやらない。とくに暗記教科ができなかった。感覚的に解ける数学の方がましでしたね。仕組みがわかれば解ける方がまし。覚えなければいけない教科は苦手でしたね。

――でも、友達もいて楽しかったんじゃないですか。

 ぼくは友達がわからないんですよ。友達っていう概念がわからない。すごく仲のいい友達がいたわけでもない。目の前にあるものに反応しているので。いまだにわかんないですね。友達ってなんだろう。何回も連絡取っている人はいるけど。

空を眺めてボーク

――中学で野球部に入ったんですね。

 そこで孤立しました。今思うと、自分も悪いんですけど。みんなの中心になっていた男の子に何か変なことをしちゃったんです。彼の持っている物、帽子かなにかを外に投げちゃった。「どこまで飛ぶかな」なんて。衝動的に、みんなの前で。

 それがきっかけで無視されるようになりました。友達が離れていく。先生に怒られる。なんか、衝動的にやっちゃっているんですよ。なんでそんなことやるのか、自分でもわからない。

 野球でピッチャーやっているときもボークばかり。ボークの理由がADHDというのは、今だからわかるんですけど。

 振りかぶって、空が見えたら、空がきれいだから、見上げてしまう。腕が帽子のつばにあたってコツンと音がしたら、音が気になってもう1回、帽子を触ってしまう。

 審判にボークって言われたときに、みんなの頭の中にハテナマークが出ちゃう。監督はワナワナ怒っている。「お前、何やってんだ」って。ぼくもわからない。今ならADHDだってわかるけど、当時はそんな言葉、誰も知りません。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事