文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

コンビニで買える豆腐を調理し、簡単にたんぱく質を取る方法も…肉が食べられない人におススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
スティックタイプの豆腐を知ってますか?

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 今回も、「スティックタイプの豆腐」を使用したレシピのご紹介です。スティックタイプの豆腐は、「豆腐バー」の商品名でコンビニなどで売っています。水を切る必要がないので、開封してすぐ調理でき、短時間で料理を仕上げることができます。

 今回はレトルトのミートソースと合わせて、コクのあるいため物に仕上げます。たんぱく質を摂取できるので、お肉が苦手な方にもおすすめのメニューです。

 訪問栄養相談の場面で、こんなお話を聞くことがあります。

 「高齢になったら肉を食べたほうがいいと、病院の先生にも言われるし、テレビでもよく聞くけれど、どうしても肉は苦手。それでもやっぱり食べたほうがいいのでしょうか」

 みなさんはこの相談をどう考えますか。健康のためなら苦手な肉でも食べたほうがいいのでしょうか。答えは、その人の価値観によって異なると思いますが、まずはなぜ病院の先生が肉を食べたほうがいいと言ったのかを一緒に考えます。そして、本人が納得して肉を食べる気持ちになるのか、肉以外のたんぱく質で補っていきたいという気持ちになるのか、それによって食事の方向性を決めていきます。

 ただ、長年の食習慣はいわば“食の歴史”。それを変えるのは容易ではないと感じます。できるだけ、その方の考え方をとりいれた食事内容を提案することも訪問栄養相談の役割です。

[作り方]

スティックタイプの豆腐を知ってますか?

(1) スティックタイプの豆腐はパッケージから出して1.5cm幅に切る。

(2) タマネギは繊維を断ち切る切り方で5mm幅に切る。耐熱容器に入れ、電子レンジ(500W)で約1分半、加熱して軟らかくする。

(3) 小鍋に(1)のスティックタイプの豆腐、(2)のタマネギ、ミートソースとトマトジュース(なければ水で代用可能)を入れて、7~10分ほど弱火で煮込む。

(4) 器に盛り付け、グリーンピースを添えてできあがり。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事