文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

医療・健康・介護のニュース・解説

「面接前で緊張する~ぅ。どうしよう」…止まらない手足の震えを止める方法は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

   もうすぐ大勢の前での発表だ。ああ、緊張する。

  ヨミドック  発表や試験、面接など、緊張する場面はよくありますよね。本来は、動物が強い敵と遭遇した時、生き延びるための体の自然な反応です。だから、緊張状態は長時間続けられません。緩めることも大事です。

   手足が震えてきた。

   緊張をほぐす方法はいくつかあります。まず、筋肉の力を抜く筋 弛緩しかん 法。手、腕、肩、おなか、足などに順に7秒ぐらいギュッと力を入れてから、力を抜いてみてください。そして呼吸法。息を3秒で吐き、3秒で吸う動作を繰り返します。吐くことに気持ちを集中させ、ゆったりした姿勢で、できれば5分ぐらい続けてみましょう。

   震えが収まってきた。

   ほかにも海や山など自分がリラックスできる場面を想像し、その中で「何が見えるか」「どんな音がするか」「周りにあるものの手触りはどうか」など、具体的にイメージする方法もあります。

   そもそも緊張しなきゃいいのに。

「面接前で緊張する~ぅ。どうしよう」…止まらない手足の震えを止める方法は

   緊張は普通のことで誰にでもあります。なくそうと思うより、上手なつきあい方を考えるといいですよ。失敗したら笑われるなどと、自分自身に注意を向けないようにしましょう。

   予防する方法はある?

   何をいつ、どう準備するか具体的にスケジュールを立て、一つ一つクリアしていくのがおすすめです。ゴールの魅力を考えるのも効果的です。「今日はここまで準備した」という自信や、「成功したら社会貢献できる」と前向きな気持ちを持つと、緊張してもうまく行動できます。

   会社に行くのに、毎日すごく緊張するという友達がいるんだけど。

   人と話すことでとても緊張するなど、生活に影響が出る状態が半年ぐらい続くなら、「社交不安症」かもしれません。「対人恐怖症」とも言います。性格の問題と誤解する人もいますが病気です。

   どうすればいい?

   精神科や心療内科などを受診しましょう。この病気は「失敗するかも」といったネガティブなイメージで頭がいっぱいになり、悪循環に陥りがちです。これを断ち切って、生きづらさを軽減するには、認知行動療法で考え方を学ぶなどの治療をしていきます。

(鈴木希/取材協力=清水栄司・千葉大学教授、白井志之夫・東京公認心理師協会産業領域委員長)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事