文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

医療・健康・介護のコラム

捨てられ線路伝いに歩いていた犬のプーニャン…救われて入居者に生きる力を与え続ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
捨てられ線路伝いに歩いていた犬のプーニャン…救われて入居者に生きる力を与え続ける

ホームの飼い犬プーニャン。元保護犬で人懐っこかった

 ペットと暮らせる特別養護老人ホーム「さくらの里山科」には、入居者と同伴入居した犬や猫のほかに、ホームの飼い犬、飼い猫もいます。それは、今はペットを飼っていないけれど、もう一度、犬や猫と暮らしたいと希望して、「さくらの里山科」を選ぶ高齢者がいるからです。

 そのような高齢者は皆、犬や猫を長年飼い続けてきた方ばかりです。しかし、自身が高齢になった時、何かあったらペットを不幸な目に遭わせてしまうと考え、飼い続けることを諦めたのです。そのような高齢者が、ここに入居すれば、もう一度、犬や猫との暮らしを取り戻せると希望してやってきます。

 10年前、「さくらの里山科」の開設前の事前入居申し込みの際には、自分の愛犬、愛猫を連れてくる同伴入居の希望者は現れませんでした。ところが、犬や猫と一緒に暮らしたいという希望者からの入居申し込みはありました。そこで、同伴入居を待たず、ホームで犬と猫を飼おうと決断したのです。

 その結果、ホームの開設と同時に入居したのが、後に私たちが「 看取(みと) り犬」と呼ぶことになる、保護犬の「 文福(ぶんぷく) 」だったのです。開設1年目は、文福のような保護犬や保護猫出身の何匹かがホームの家族になりました。その中に、「プーニャン」という犬がいました。

 プーニャンは、2012年の6月にホームにやってきました。「さくらの里山科」で暮らす保護犬や保護猫たちは、すべて動物愛護団体「ちばわん」さんが連れてきてくれました。ちばわんさんは、保健所(動物愛護センター)から保護犬、保護猫を引き取り、人と暮らすためのトレーニングをして、飼い主を探すという活動をしています。文福も、保健所から、ちばわん経由でやってきました。しかしプーニャンは、ちばわんのスタッフの知り合いが直接、保護をしたという、ちょっと珍しい経過をたどっていました。保護した方は、プーニャンが一匹でとぼとぼと線路を歩いているのを見つけたそうです。

 保護された当時、推定7~8歳でした。フィラリアという寄生虫による病気を患っていました。蚊が媒介する病気で、かつては犬の宿病でした。現在は治療可能であり、そもそも予防薬を投与していれば感染することがないので、全く怖くない病気です。しかし、プーニャンはフィラリアに感染しており、病状は重く、激しくせき込み、血を吐いていました。

 プーニャンはとても人懐っこい犬です。大喜びして、じゃれついてくるタイプではありませんが、静かにそっと人に寄り添ってきました。保護した当初から、上品な雰囲気で、とても野良犬には見えなかったそうです。間違いなく人に飼われていた犬でしょう。飼い主は、犬を飼っている人なら常識であるフィラリア予防薬を飲ませてくれず、病状が重くなったから捨ててしまったのだろうと私は推測しています。

 飼い主に捨てられ、病気のため体調が悪く、空腹で、途方に暮れていたことでしょう。運よく保護されなかったらどうなっていたかと思うと、ぞっとします。

プーニャンは「さくらの里山科」での暮らしにすぐ慣れました。いつも入居者に寄り添っていました。入居者の体調が悪くなった時は、優しい瞳で見つめていました。そんなプーニャンを入居者は皆かわいがっていました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事