文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ココロブルーに効く話 小山文彦

医療・健康・介護のコラム

【Track28】長年の「伴侶」だった愛猫の死、ペットロスからのうつ病を乗り越えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 かわいがってきたペットを亡くした経験は、多くの方にあると思います。私も、小学3年生の頃から飼っていた犬を、大学生の時に亡くしました。実家から離れた就学地にいたため、愛犬「ロン」の最期には立ち会えませんでした。ロンを 看取(みと) った母によると、晩年の彼は動きも遅く、食も細くなり、だんだんと老衰した結果、死を迎えたようでした。私たち家族と「愛し、愛され」の幸福な生涯だったのではないかと思います。

 ペットを失った悲しみや落胆などの「ペットロス」は、通常、誰もが覚える健康な感情です。けれども、ロンの場合と異なり、一人暮らしで、15年もの長い間、「伴侶」のように一緒に過ごした愛猫を亡くしたある女性は、ペットロスからのうつ病を発症してしまいました。精神科的な治療以前に、重いペットロスに陥った人に対して、周囲からはどんな支えが望ましいのでしょうか。

愛猫の突然の死に直面したとき

【Track28】長年の「伴侶」だった愛猫の死、ペットロスからのうつ病を乗り越えて

 カフェレストランに勤めるマリコさん(43)は、数年前に職場の人間関係の悩みから不眠となって以来、何度か私のストレス外来への受診歴があります。新型コロナウイルス感染症が広がり始めた頃には、勤務先が営業制限となった影響で、再び不眠を訴えましたが、睡眠導入剤の処方により回復していました。

 それから1年ほど経って、マリコさんは予約外の診療枠に受診されました。過去に何度か受診歴のある方が、予約外で訪れる時は、往々にして何か新たな不調があるものです。この日のマリコさんは、待合室で座っている時から、無表情なのに、 憔悴(しょうすい) している様子が見てとれました。診察室に招き入れても、目に涙を浮かべたまま、しばらく無言でした。

 「今日は、ずいぶんお待たせして、ごめんなさいね」と私が声をかけた途端、マリコさんは首を大きく横に振り、 (せき) を切ったように泣き出しました。そして、「ネコちゃんが……死んじゃった」と言いながら、不織布の白いマスクが涙でぐしゃぐしゃになるのも意に介さず、 嗚咽(おえつ) があふれ出しました。

 「ネコちゃん、死んじゃった……?」

 オウム返しに尋ねる私に向けて、彼女は切々と訴えました。

 2週間前、外出先から帰宅したマリコさんは、部屋のソファの下に潜り込むような姿で息絶えていた愛猫に対面した、とのことです。彼女の愛猫「シンちゃん」は、15年前にマリコさんが友人から譲り受けた「アメリカンショートヘア」でした。当時、交際していた男性と別れ、マリコさんが少し離れた町で一人暮らしを始めたことがきっかけだったそうです。その恋人は、酒癖が悪く、マリコさんも何度か暴力を受けたことがあったようです。そんな相手との生活に見切りをつけて新生活を始め、新たなパートナーとなったシンちゃんは、彼女にとって溺愛の対象となりました。

1 / 4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

koyama-fumihiko_prof

小山 文彦(こやま・ふみひこ)

 東邦大学医療センター産業精神保健職場復帰支援センター長・教授。広島県出身。1991年、徳島大医学部卒。岡山大病院、独立行政法人労働者健康安全機構などを経て、2016年から現職。著書に「ココロブルーと脳ブルー 知っておきたい科学としてのメンタルヘルス」「精神科医の話の聴き方10のセオリー」などがある。19年にはシンガーソング・ライターとしてアルバム「Young At Heart!」を発表した。

 2021年5月には、新型コロナの時代に伝えたいメッセージを込めた 「リンゴの赤」 をリリースした。

ココロブルーに効く話 小山文彦の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事