文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

変わる看護師<5>指示待たずに救急対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
変わる看護師<5>指示待たずに救急対応

救急搬送された男性の腹部を超音波で調べる森さん(大阪医療センターで)

 6月上旬の昼下がり、国立病院機構大阪医療センター(大阪市)の救急外来に、70歳代男性が搬送されてきた。強い吐き気で、路上にうずくまっていたという。

 「脱水症状がありそうですね。ご飯は食べられていますか?」

 使い捨ての医療用ガウンを着た森寛泰さん(46)は、症状を聞き取りながら、聴診器を胸にあて、超音波で腹部を調べた。下着にわずかに血液が付いていたため、肛門から指を入れて、直腸の様子も確かめると、医師に提案した。

 「下血があります。CTを撮影したいのですが」

 医師も同じ意見だった。すぐに検査に進み、直腸にがんが見つかった。

 森さんは、「診療看護師(ナースプラクティショナー=NP)」だ。一般社団法人「日本NP教育大学院協議会」が認定する資格で、一般の看護師より、高度な診療に携わる。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事