文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関の「ムーヴ・オン!」

 「する」「みる」「支える」のどの立場にあっても、スポーツは生活を彩り豊かにしてくれます。しかし、スポーツにけがはつきもの。けがを予防し、笑顔で楽しむために必要なスポーツ医学の知識を、整形外科医の大関信武さんが伝えます。

医療・健康・介護のコラム

羽生選手も苦しんだ足首の捻挫、超音波で正確な診断が可能に…復帰判断も向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

超音波だと靱帯損傷の程度が判断できる

羽生選手も苦しんだ足首の捻挫、超音波で正確な診断が可能に…復帰判断も向上

 骨折の有無についても診断ができ、靭帯がどの程度傷んでいるかについても判別できます。足首を動かしながらみることで、その不安定性も可視化することができます。MRI検査でもそうした診断はできるのですが、金額も高いのでお手軽な検査ではありません。超音波装置の普及で捻挫など適切な診断ができるので、けがの後、復帰までの時間が短縮できるようになりました。また、関節や筋肉、 (けん) への注射も超音波で観察しながら注射することにより、その精度や効果が向上しています。羽生選手の場合も、診断や治療、復帰の判断剤料の一つとして使われたと思います。

野球の投手には、野球肘検診も

 野球肘検診といって、投球動作による負荷の蓄積で肘の軟骨を傷めていないか、成長期の選手をチェックする取り組みが広がりつつあります。こういった技術の進歩がスポーツ選手のけがを減らすことやけがからの復帰に役立つことを願いつつ、私自身も知識をブラッシュアップし、技術を磨いていきたいと思います。(大関信武 整形外科医)

【次回スポーツ医学検定は11月27日】

 私たちは、スポーツに関わる人に身体やけがについての正しい知識を広めて、スポーツによるけがを減らすため、「スポーツ医学検定」を実施しています。スポーツ選手のみでなく、指導者や保護者の方も受けてみませんか(誰でも受検できます)。

 2022年第2回スポーツ医学検定は11月27日です。スポーツ医学検定|一般社団法人日本スポーツ医学検定機構 (spomed.or.jp)

 本文のイラストや写真の一部は、「スポーツ医学検定公式テキスト」(東洋館出版社)より引用しています。スポーツに関わる様々な人からスポーツのけがに対する考えを掘り起こし、多様な視点でスポーツ医学や安全について考えるnoteもぜひご覧ください( スポーツを考えるnote~Presented by スポーツ医学検定|note )。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

oozeki-nobutake_prof

大関 信武(おおぜき のぶたけ)

 整形外科専門医・博士(医学)、日本スポーツ協会公認スポーツドクター
 一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事、読売巨人軍チームドクター

 1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。2002年滋賀医科大学卒業、14年横浜市立大学大学院修了。15年より東京医科歯科大学に勤務。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、アキレス (けん) 断裂、骨折多数など自身が多くのケガを経験。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「スポーツ医学検定」を開催している。クリタウォーターガッシュ昭島、文京ラグビースクールでメディカル担当。19年ラグビーワールドカップでは選手用医務室ドクター、東京2020オリンピック・パラリンピックでは選手村総合診療所整形外科ドクター。八王子スポーツ整形外科、蓮江病院でも診療。

過去コラムはこちら

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

スポーツDr.大関の「ムーヴ・オン!」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事