文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

変わる看護師<4>専門資格者が家族支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
変わる看護師<4>専門資格者が家族支援

松本さん(右)と面談する大腸がん患者の女性(手前)と母(奥)(東京北医療センターで)

 「私がいなくなった後、長女はどうなるのか……」

 7月下旬、東京北医療センター(東京都北区)で、看護師の松本啓子さん(42)が、大腸がんを患う50歳代の女性の不安に耳を傾けていた。

 松本さんは、「緩和ケア」と「家族支援」を担う看護師。いずれの分野も、日本看護協会が認定する専門資格を持つ。

 この女性と関わるようになったのは、今年3月末から。女性が、「余命は1年ほど」と告げられたのがきっかけだ。その場で激しく動揺し、涙を流す姿を見た主治医が、松本さんに支援を要請した。

 以来、面談を重ねている。女性の悩みは、一緒に暮らす高校生の長女のこと。「進路を考える大事な時期に、悲しい思いをさせたくない」として、余命については伏せた。だが、80歳代の母は、「正直に言うべきだ」と強く主張し、何度も衝突した。

この記事は読者会員限定です。

読売新聞の購読者は、読者会員登録(無料)をしていただくと閲覧できます。
読売新聞販売店から届いた招待状をご用意ください。

一般会員向け有料サービスは2020年1月31日をもって終了いたしました。このため、一般会員向け有料登録の受け付けを停止しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事