文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

夏ちらし…キュウリとカニカマでさっぱり、さわやか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

夏ちらし

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、今の時期にぴったりのさわやかレシピ「夏ちらし」のご紹介です。夏の暑い時期はさっぱりとした食事がしたいですよね。そんなときにおすすめのレシピです。

 キュウリは調味料と一緒にいためることでしんなりと軟らかくなります。ハムとカニカマはうま味をアップさせてくれます。そこに甘めの薄焼き卵! これがよく合います。

 注目の食材は、ミョウガです。香り成分のアルファピネンが食欲アップに役立ちます。給食では入れないこともありますが、「おとなの給食アレンジレシピ」では入れてもいいですね。

 大葉には優れた防菌・防腐効果があります。βカロテンなども含まれています。見た目と香りで食欲がわいてくる料理です。暑い季節をおいしい夏レシピでのり切りましょう。

[作り方]

夏ちらし

(1) ご飯を炊いておく。卵に砂糖、みりんを加え、油(分量外)をひいたフライパンで薄焼き卵にする。薄焼き卵と大葉は細切り、ミニトマトはスライス。

(2) ハムは細切り、キュウリは薄くスライス、カニカマはほぐしておく。ミョウガは縦半分に切ってから斜めにスライスする。フライパンを中火で加熱、ハム、キュウリ、カニカマ、ミョウガを入れ、酢を加えていため、その後、砂糖と麺つゆを入れる。キュウリがしんなりすればOK。

(3) 炊き立てのご飯に(2)を混ぜ合わせる。

(4) (3)を皿に盛り付けて、薄焼き卵、大葉、ミニトマト、白ゴマをトッピングして完成。

写真でも

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsumaru-susumu_prof

松丸奨(まつまる すすむ)

 管理栄養士 栄養教諭 フードコーディネーター

 1983年千葉県生まれ。専門学校卒業後、栄養士として千葉県内の市立病院に勤務。2009年より小学校で勤務。給食の献立作成や調理指導、食育の授業などを行っている。2013年には、実際に提供されている給食のおいしさなどを競う「全国学校給食甲子園」(第8回・応募総数2266校)で優勝。ドラマでの給食の監修・調理指導など担当。テレビなどのメディア出演も多数。塩分が控えめで、だしや味付け、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、「日本一の給食メシ 栄養満点3ステップ簡単レシピ100」(光文社)「ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本」(サンマーク出版)「日本一の給食レシピ 子どもがすくすく育つ」(講談社)

Instagram:https://www.instagram.com/matsumaru.susumu/
ブログ:小学校栄養士 松丸 奨のブログ

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事