文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 

 かわいがってきた犬や猫と最期まで一緒に暮らしたい――。そんな願いをかなえてくれる全国的にも珍しい特別養護老人ホームが、神奈川県横須賀市の「さくらの里 山科」。そこで起きた人とペットの心温まるエピソードを、施設長の若山三千彦さんがつづります。

医療・健康・介護のコラム

最初に同伴入居した犬「アミちゃん」…認知症になっても、何よりも大切だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
最初に同伴入居した犬「アミちゃん」(上)…認知症になっても、何よりも大切だった

仲むつまじいアミちゃんと田中さん

 ペットと暮らせる特別養護老人ホーム「さくらの里山科」に、飼い主の高齢者と最初に同伴入居した犬は、ダルメシアンのアミちゃんでした。ダルメシアンは白地に黒の斑点模様が特徴の大型犬で、ディズニー映画「101匹わんちゃん」に登場する犬としても有名です。

 アミちゃんと一緒に入居した飼い主の田中久夫さん(仮名、90歳代男性)は、長年、アミちゃんと“2人暮らし”をしていました。しかし、田中さんは認知症になり、生活能力が失われていきます。家事や買い物も難しくなり、近所の人が食べ物を差し入れてくれることで、かろうじて命をつないでいるような状態になってしまいました。

 田中さんが住む市の福祉課職員は、このままでは田中さんが餓死や凍死してしまうことを本気で心配していました。餓死と聞くと意外に感じる人が多いでしょうが、認知症の独居高齢者が餓死をすることは決して珍しいことではないのです。とは言っても、経済的理由によるものではありません。お金があっても、食べ物を買ったり、管理したりすることができないためです。中には認知症のために、食べるということが理解できなくなるケースもあります。

 凍死は、暖房器具を扱うことができなくなるためです。認知症の高齢者が火を扱うことは危ないので、家族や周囲の人がストーブ類を撤去するのはよくあることです。高齢者を守るためには仕方がないのです。ストーブの類がなくなると、エアコンだけが頼りなのですが、認知症のせいでエアコンの扱いができない場合があります。他の人がタイマーを設定しても、リモコンをいじって、うまく作動しなくしてしまうのです。その結果、暖房のない冷え切った部屋で凍死してしまう、ということが起きます。

 おそらく、これからは、同様の理由で、熱中症で亡くなる認知症高齢者も増えると思います。

 市の職員は、このような事情で、田中さんの餓死や凍死を心配して、特別養護老人ホームへの入居を勧めていましたが、田中さんは拒否していました。

 その理由はもちろん、アミちゃんと離れたくない、ということです。

 アミちゃんを置いてはどこにもいかないと、老人ホーム入居を頑として拒んでいたのです。

 認知症になって、いろいろなことがわからなくなっても、アミちゃんへの強い思いだけは揺るぎませんでした。食事の時、田中さんは、差し入れてもらったお総菜やお弁当を、まずアミちゃんに食べさせます。そして残った物を自分が食べていたほどです。何よりもアミちゃんが大切だったのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wakayama_michihiko_bunpuku_200-200

若山 三千彦(わかやま・みちひこ)

 社会福祉法人「心の会」理事長、特別養護老人ホーム「さくらの里山科」(神奈川県横須賀市)施設長

 1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大教育学部卒。筑波大学大学院修了。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟・若山照彦を描いたノンフィクション「リアル・クローン」(2000年、小学館)で第6回小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。学校教員を退職後、社会福祉法人「心の会」創立。2012年に設立した「さくらの里山科」は日本で唯一、ペットの犬や猫と暮らせる特別養護老人ホームとして全国から注目されている。20年6月、著書「看取みといぬ文福ぶんぷく 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」(宝島社、1300円税別)が出版された。

ペットと暮らせる特養から 若山三千彦 の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事