文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

山中龍宏「子どもを守る」

妊娠・育児・性の悩み

浅い川でも子どもは溺れる…足を滑らせ尻もちをつくと、流される力は最大で5倍近くに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 これまで、プールの事故についてお話ししてきました。プールは人工物で面積も狭く、どのプールもほぼ同じ構造なので、 溺水(できすい) 等を予防するための対策もとりやすいのですが、川や海は、それぞれの場で状況が異なっており、水深や流れ、気象条件などが刻々と変化するため、自然環境下での溺水を予防することはたいへん難しい課題です。今回は、川の水難事故についてお話しします。

浅い川で子どもが溺れるのはなぜ…尻もちをついたとたんに何が起こるか

イラスト:高橋まや

多い河川での子どもの事故

 日本には、約3万5500の河川(1級、2級、準用)があり、ほぼすべての市区町村に川があります。毎年、川で溺れる事故が発生しています。

 水難事故に関して、警察庁生活安全局生活安全企画課の 「令和3年における水難の概況」 をみると、全国で1395件(前年対比+42件)発生し、水難者は1625人(前年対比+78人)、そのうち死者・行方不明者は744人(前年対比+22人)でした。

 中学生以下の発生件数は119件(前年対比+2件)、水難者は183人(前年対比+7人)、その内訳は、未就学児童が50人、小学生が89人、中学生が44人で、死者・行方不明者は31人(前年対比+3人)でした。この31人を発生場所でみると、河川が18人で58%を占めていました。ほかは、湖沼池が6人、海が5人、用水路が2人です。行為別にみると、水遊びが15人、水泳が4人、魚とり・釣りが2人、通行中が1人、その他が9人で、水遊びで約半分が占められていました。2017年以降、これらのデータにほとんど変化はみられません。

社会の大きな負担に

 総務省消防庁の「令和3年版 救急・救助の現況」の救助編 をみると、2020年中の水難事故に対して救助隊等が出動したのは3942件、実際に救助活動をした件数は2850件でした。これらの救急活動を行うために出動したすべての人員は、消防職員や消防団員を合わせると8万3460人、そのうち実際に救助活動を行った人員は4万2566人でした。水難事故の救助活動1件当たり約15人の人が活動していました。水難事故に対して出動した車両は2万5201台でした。

 これらのデータから、水難事故は社会に大きな負担をかけていると言えます。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

yamanaka-tatsuhiro_prof

山中 龍宏(やまなか・たつひろ)

 小児科医歴45年。1985年9月、プールの排水口に吸い込まれた中学2年女児を看取みとったことから事故予防に取り組み始めた。現在、緑園こどもクリニック(横浜市泉区)院長。NPO法人Safe Kids Japan理事長。産業技術総合研究所人工知能研究センター外来研究員、キッズデザイン賞副審査委員長、内閣府教育・保育施設等における重大事故防止策を考える有識者会議委員も務める。

山中龍宏「子どもを守る」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事