文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

一病息災

 メディアなどでお馴染みの芸能人、有名人だって、一人の人間として病気や心身の不調と向き合っています。苦しかった経験や、病によって気付かされたことなど、率直な思いをお聞きします。

闘病記

[タレント カルーセル麻紀さん]血管の病気(3)動脈硬化の影響 脚にとどまらず 口の端からテキーラこぼす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[タレント カルーセル麻紀さん]血管の病気(3)動脈硬化の影響 脚にとどまらず 口の端からテキーラこぼす

 血流が悪くなる動脈硬化の影響は、脚の病気にとどまらなかった。

 新型コロナウイルスの感染が拡大していた2020年4月、寝酒のテキーラが、口の右端からこぼれた。

 「少し疲れたのかな」と、さほど気にせずに眠った。

 翌朝、庭の草むしりを終えた後、携帯電話が鳴った。連絡が途絶えていた旧友からだ。コロナにかかり重症化したが、無事に退院できたとの知らせだった。北海道に住む妹の様子が気になり電話をすると、逆に、「ろれつがおかしいわよ」と心配された。確かに、朝のコーヒーも、こぼれないよう、顎を押さえながら飲んでいた。

 いつの間にか、電話の相手は看護師のめいっ子に。「おばちゃん、すぐに救急車を呼んで! 脳 梗塞こうそく だから」と慌てふためいている。

 「これからピザを食べるから明日にするわ」

 そうのんきに答えたが、念のためにマネジャーに連絡、かかりつけの総合病院に入院することになった。

 同居する姉が救急車を呼んでくれた。ストレッチャーに寝かされてからは、よく覚えていない。

 かなり興奮していたようで、「あのピザはどうしたのかしら?」など、ずっとしゃべり続けていたという。そのうち、どんどんしゃべりづらくなり、頬の内側を何度もかんでしまった記憶はある。

 磁気共鳴画像(MRI)検査で、脳梗塞を起こしていることがわかった。

タレント カルーセル 麻紀(まき) さん(79)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

一病息災の一覧を見る

最新記事