文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへ

医療・健康・介護のコラム

2人目不妊のつらさ 上の子は自然妊娠、子どもができない事実に向き合えない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
2人目不妊がつらい 上の子は自然妊娠、子どもができない事実に向き合えない

 小売業に勤めるYさんが結婚したのは30歳の時。夫は同じ会社に勤める同期で、長い交際の上での結婚でした。仕事も忙しく充実していたので、子どもの催促をする両親には「仕事に重点を置きたいから、しばらく黙って見守っていてほしい」と伝えました。

排卵日に自己タイミング法で見事に妊娠 順風満帆の日々

 あっという間に月日がたち、そろそろ「高齢出産」が気になりだした頃、Yさんはこれ以上子どものことを先延ばしにできないと思い、避妊をやめて自分で排卵日を測定して自己タイミング法を取ったところ、みごと2回目で妊娠しました。 

 両家の両親もとても喜び、幸せなマタニティーライフを経て、無事かわいい女の子を出産できたそうです。育休明けに仕事に戻り、やりがいがあることを実感。家事や育児に積極的に関わってくれる夫とともに、まさに順風満帆の日々を送っていました。

「次のお子さんは?」あいさつ代わりに聞かれるように

 やがて子どもが3歳になるころ、両親から「きょうだいはまだつくらないのか」「年が離れないほうがいいんじゃないか」と、2人目の催促がありました。保育園や近所のママ友からも、「次のお子さんは?」とか「きょうだいがいると遊び相手にもなるし、上の子がしっかりするからいいわよ」などと、軽いあいさつのように言われます。

 そんなある日、娘からも「○○ちゃんみたいに妹が欲しい」と言われてしまい、胸が痛くなりました。そこでYさんは夫と話し、2人目をつくる決意をしました。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

meet-baby_title2-200-200

松本亜樹子(まつもと あきこ)

NPO法人Fine理事長/国際コーチング連盟マスター認定コーチ

松本亜樹子(まつもと あきこ)

 長崎市生まれ。不妊経験をきっかけとしてNPO法人Fine(~現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会~)を立ち上げ、不妊の環境向上等の自助活動を行なっている。自身は法人の事業に従事しながら、人材育成トレーナー(米国Gallup社認定ストレングス・コーチ、アンガーマネジメントコンサルタント等)、研修講師として活動している。著書に『不妊治療のやめどき』(WAVE出版)など。
Official site:http://coacham.biz/

いつか赤ちゃんに会いたいあなたへの一覧を見る

最新記事