文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

夏場の水分補給に簡単スープ…市販のモズク酢で作れます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 暑くなってくると「水分補給をしましょう」との呼びかけをよく耳にします。しかし、高齢の方々の中には、なかなか水分をとりたがらない人もいます。

 高齢の方が水分摂取を控えてしまう理由は様々。のどの渇きを感じにくい、むせるから飲みたくない、トイレが近くならないように、などです。飲みたくない理由をしっかり聞き取り、問題を解決することが大切です。

 今回紹介するレシピのように、汁物で水分をとることも解決方法のひとつです。

 このレシピでは市販のモズク酢を使うため、味付けも簡単。酸味の利いた味付けで食欲もでるし、卵を加えているため、たんぱく質も摂取できます。

 モズク酢は商品によって味が異なる場合もありますので、味付けは確認しながら行いましょう。

[作り方]

(1) 卵は割りほぐしておく。豆腐は1.5cm角に切る。

(2) 小鍋に(A)の材料を入れて中火にかける。

(3) (2)が沸騰したら、豆腐とモズク酢を加えて温める。

(4) 水溶き片栗粉を加えてとろみをつけ、割りほぐした卵を細くたらして流し入れ、ふんわりと浮き上がってきたら火を止める

(5) 器に盛りつけてできあがり。ゴマ油をたらし、オクラやネギなどの青みをトッピングしてできあがり。

※辛みがほしければラー油を足してもOK。

※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。トッピングのオクラ、ネギはなくてもかまいません。

(レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ito3

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事