文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

タレント カルーセル麻紀さん

 メディアなどでお馴染みの芸能人、有名人だって、一人の人間として病気や心身の不調と向き合っています。苦しかった経験や、病によって気付かされたことなど、率直な思いをお聞きします。

一病息災

[タレント カルーセル麻紀さん]血管の病気(2)医師から告げられた病名は…治療をしても再発 ネックは喫煙

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[タレント カルーセル麻紀さん]血管の病気(2)医師から告げられた病名は…治療をしても再発 ネックは喫煙

 右足の痛みに耐えられずに東京都内の総合病院を受診した2011年6月、医師から告げられたのは「 閉塞へいそく 性動脈硬化症」という病名だ。手や足の血管の弾力が失われて血流が悪化、しびれや痛みなどを引き起こす。放置すると足が 壊死えし し、切断に至る恐れもある。

 血管の詰まりを解消する治療を受けることになった。細い管(カテーテル)を右腕の肘の付け根から挿入し、鎖骨付近の血管や腹部大動脈を通して、太ももの付け根近くまで進めていく。患部をバルーン(風船)で広げた後に、ステントと呼ばれる金属製の筒を留置して血流を回復させた。

 局所麻酔なので、意識はあった。「自分の体の中で血がシャワーみたいに流れていく感覚でした」

 治療後、血液をサラサラにするための抗血小板薬とコレステロールを下げる薬を飲み始めた。

 病気の原因となる動脈硬化の進行を抑えるには、生活習慣の改善も重要だ。

 ネックは喫煙。1日2箱吸うヘビースモーカーで、医師には「言っても聞いてくれないかもしれませんが……。せめて減らしてください」と指導された。

 一本でもたばこを減らそうと心がけたつもりだが、長年の習慣を改めるのは、なかなか難しい。ほぼ1年後に、左太ももの血管が詰まり、カテーテル治療を受けた。その後も、再発を繰り返しては治療を受けた。

 「血管の病気は一筋縄ではいかないですね」

タレント カルーセル 麻紀(まき) さん(79)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

タレント カルーセル麻紀さん

最新記事