文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

ウナギのひつまぶし風まぜご飯…節約レシピで夏バテ防止!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ウナギのひつまぶし風まぜご飯

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、ウナギを使ったアレンジレシピ「ひつまぶし風まぜご飯」のご紹介です。ウナギが給食で出るなんて豪華!と思いますよね。年に1~2回ですが、ウナギを提供している学校は多いのです。やはり高価ですし、ちょっと栄養価も高すぎるので、1センチ幅に切り、まぜご飯として提供しています。高野豆腐やニンジンもまぜて、カサ増しと彩りにしています。給食ならではのテクニックですね。

 さて、そんなウナギは夏バテに効く食材として有名です。ご飯などの炭水化物を効率よくエネルギーに変えてくれるビタミンB1が豊富。鉄分も含まれています。

 本場の名古屋のひつまぶしのように、はじめはそのまま食べて味わい、次にワサビなどの薬味を入れて味を変え、最後に締めのだしをかけて味わう。そんな流れで楽しんでください。

[作り方]

ウナギのひつまぶし風まぜご飯

(1) 白米を炊く。

(2) ニンジンはせん切り、ネギは小口切り、高野豆腐は水で戻してから、軽く絞って食べやすい大きさに切る(細切りカットされた市販品だと便利)。フライパンで強火で1分ほどいためる。(A)の調味料を入れて、水分がなくなるまでいためる。ごはんとまぜる。

(3) ウナギのかば焼きは電子レンジ500Wで1~2分加熱してから1センチ幅に切り、(2)のごはんとまぜる。

(4) 締めのだしの材料をすべて合わせ、ひと煮たちして、だしもできあがり。

※お好みでワサビやノリやネギをトッピングしましょう。

写真でも

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsumaru-susumu_prof

松丸奨(まつまる すすむ)

 管理栄養士 栄養教諭 フードコーディネーター

 1983年千葉県生まれ。専門学校卒業後、栄養士として千葉県内の市立病院に勤務。2009年より小学校で勤務。給食の献立作成や調理指導、食育の授業などを行っている。2013年には、実際に提供されている給食のおいしさなどを競う「全国学校給食甲子園」(第8回・応募総数2266校)で優勝。ドラマでの給食の監修・調理指導など担当。テレビなどのメディア出演も多数。塩分が控えめで、だしや味付け、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、「日本一の給食メシ 栄養満点3ステップ簡単レシピ100」(光文社)「ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本」(サンマーク出版)「日本一の給食レシピ 子どもがすくすく育つ」(講談社)

Instagram:https://www.instagram.com/matsumaru.susumu/
ブログ:小学校栄養士 松丸 奨のブログ

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事