文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

医療・健康・介護のニュース・解説

コロナ・インフル・デング熱・天然痘など8感染症、政府の「司令塔」がワクチン開発支援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は6日、政府のワクチン開発の司令塔「先進的研究開発戦略センター( SCARDAスカーダ )」が支援対象とする感染症について、季節性インフルエンザやサル痘など8種類とする方針を決めた。同センターは今後、このリストに基づき、支援する開発チームの公募を進める方針。

コロナ・インフル・デング熱・天然痘など8感染症、政府の「司令塔」がワクチン開発支援

厚生労働省

 支援対象は、▽コロナウイルス感染症(新型コロナウイルスを含む)▽季節性・動物由来インフルエンザ▽デング熱▽天然痘・サル痘――など8種類。同日開かれた専門家部会で了承された。

 厚労省は今春、国の危機管理上、ワクチンや治療薬の開発・確保が必要な「重点感染症」の暫定リストをとりまとめた。この日の部会では、定期的、突発的に一定レベル以上の流行を起こす感染症の中から、▽ヒトからヒトへの感染が容易に起こる▽有効なワクチンが存在しない▽特にアジアで課題となっている――などの条件で、当面の支援対象を絞り込んだ。

 このため主にアフリカ諸国で流行し、患者の体液などへの接触で感染する「エボラ出血熱」などは今回のリストから外れた。

 同センターは3月、国立研究開発法人・日本医療研究開発機構(AMED)内に設置された。約1500億円の基金を活用し、有力なワクチンの開発候補に資金援助する。6月末には、新型コロナウイルスなどに対応した国産ワクチン実現に向け、塩野義製薬と新興企業のVLPセラピューティクス・ジャパンの2社を最初の支援先に選んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事