文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

スポーツDr.大関の「ムーヴ・オン!」

 「する」「みる」「支える」のどの立場にあっても、スポーツは生活を彩り豊かにしてくれます。しかし、スポーツにけがはつきもの。けがを予防し、笑顔で楽しむために必要なスポーツ医学の知識を、整形外科医の大関信武さんが伝えます。

医療・健康・介護のコラム

子どものスポーツは特に熱中症に注意!……発汗機能が未発達で外気温の影響受けやすい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
子どものスポーツは特に熱中症に注意!……発汗機能が未発達で外気温の影響受けやすい

 観測史上最速の梅雨明けで、暑さに慣れる間もなく、夏が到来し、熱中症が発生するリスクが非常に高い状態になりました。選手自身はもちろん、スポーツの指導者も熱中症を出さないよう、十分意識していきましょう。

 最大の対策は、危険な暑さの日には運動を控えることでしょう。特に子どもは、①体重あたりの体表面積が大きく、外気温の影響を受けやすい、②発汗機能が未発達、③尿濃縮機能が未熟で水分を喪失しやすい、④自ら水分補給をしない・言い出せない、といった点から大人より熱中症になりやすいです。

危険な暑さとは?…WBGT測定器でチェック

 では、危険な暑さとはどのような暑さなのか。以前のコラム「夏のスポーツで怖い熱中症 命を守るために知っておくべきこと」でも取り上げた、熱中症リスクの程度を示す「WBGT」(Wet Bulb Globe Temperature:湿球黒球温度)という「暑さ指数」を参考にしましょう。熱中症のリスクは湿度なども関係しているので、日なたの体感温度と相関する黒球温度と水分蒸発の影響も見る湿球温度などを計算式に当てはめて算出しますが、WBGT測定器が市販されています。夏のスポーツ指導には必携です。

 WBGTが31度を超える場合、スポーツは原則禁止と日本スポーツ協会は指針を示しています。WBGTの測定器は、チームに一つは携帯し、練習開始時、そして練習中にも適宜計測することをお勧めします。

スポーツは時間を選んで行う

 下記の図は環境省の「熱中症予防情報サイト」にある数年前の8月のある日の横浜のWBGTです。

子どものスポーツは特に熱中症に注意!……発汗機能が未発達で外気温の影響受けやすい

 この日、WBGTが31度を超えている時間帯があり、この時間帯は運動を避けた方がいいのは間違いありません。では、この日はスポーツをしてはいけないのか、というとそうではなく、朝や夕方など時間を選べばWBGTが下がることがわかります。日本体育協会の熱中症予防指針では、WBGTが28度を超えると、「厳重警戒」で「激しい運動は中止」とされています。運動をする場合には頻繁に休息を取って、水分と塩分の補給を行うよう勧めています。激しい暑さの中でも、皇居ランニングをしている方を見かけますが、できるなら、WBGTを参考にしながら、時間帯を選んで行うことをお勧めします。

 また、運動時、体は生理的な範囲で体温を上昇させ、運動能力や効率を高めようとしますが、暑熱環境で過度に深部体温が上昇すると、持久性運動のパフォーマンスは低下します。集中力の持続といった点からも、スポーツのパフォーマンスを高めるためには、運動する時間帯を選ぶ必要があります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

oozeki-nobutake_prof

大関 信武(おおぜき のぶたけ)

 整形外科専門医・博士(医学)、日本スポーツ協会公認スポーツドクター
 一般社団法人日本スポーツ医学検定機構代表理事、読売巨人軍チームドクター

 1976年大阪府生まれ、兵庫県立川西緑台高校卒業。2002年滋賀医科大学卒業、14年横浜市立大学大学院修了。15年より東京医科歯科大学に勤務。野球、空手、ラグビーなどを通じて、野球肘、肩関節脱臼、アキレス (けん) 断裂、骨折多数など自身が多くのケガを経験。スポーツのケガを減らしたいとの思いで、一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「スポーツ医学検定」を開催している。クリタウォーターガッシュ昭島、文京ラグビースクールでメディカル担当。19年ラグビーワールドカップでは選手用医務室ドクター、東京2020オリンピック・パラリンピックでは選手村総合診療所整形外科ドクター。八王子スポーツ整形外科、蓮江病院でも診療。

過去コラムはこちら

スポーツDr.大関のケガを減らして笑顔を増やす

スポーツDr.大関の「ムーヴ・オン!」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事