文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」

[ きょうの健康レシピ ]

健康・ダイエット・エクササイズ

野菜たっぷりキーマカレー…さっぱり、さわやか、低カロリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 小学校栄養士の松丸奨です。今日は、レシピ「野菜たっぷりキーマカレー」のご紹介です。

 これぞ給食というヘルシーレシピの登場です。野菜のうま味を引き出し、さっぱり、さわやかに作られたカレー。子どもさん向けに甘口のカレー粉を使ってもいいですね。私も辛いのと甘いのと、両方購入して使い分けています。

 キーマカレーは、ひき肉に合わせて野菜をみじん切りにするのが定番。ミキサーを使いましょう。学校給食の調理では、大型の業務用ミキサーを使うので、みじん切りは手間いらずです。

 ニンジン、タマネギ、ジャガイモは電子レンジで加熱してからいためることで、調理時間を短縮します。リンゴは皮がついたままミキサーに。カレーに甘みが出て、子どもたちが喜びます。リンゴにはポリフェノール、トマトにはリコピンが含まれ、さまざまな健康効果が期待されます。なにより、野菜たっぷりのキーマカレーは、低カロリーなので、たっぷりと食べられるのがうれしいですね。

[作り方]

(1) ニンジン、タマネギ、ジャガイモはミキサーに入るぐらいの大きさにあら切り。ミキサーでみじん切りにする。耐熱用の容器に入れ、ラップをかけて電子レンジ(600W)で2分加熱。

(2) カボチャは硬いので、ラップで包んで電子レンジ(600W)で3分加熱。やわらかくしてから、あら切り。ミキサーでみじん切りにする。

(3) リンゴも芯を取り、ミキサーにかけてみじん切りにする。トマトは包丁で角切りにする。

(4) フライパンを強火で加熱、合いびき肉をいためる。肉の赤みが消えたらニンジン、タマネギ、ジャガイモをいため、カボチャも入れる。

(5) (3)の食材と(A)の調味料を加えて加熱。火加減は中火~強火で調整。水分が飛ぶようにいため混ぜていく。焦げやすいので注意しつつ、10分~20分ほどで水分が消えてペースト状になるので、味見をして完成。

写真でも

(レシピ作成 栄養士 松丸奨)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

matsumaru-susumu_prof

松丸奨(まつまる すすむ)

 管理栄養士 栄養教諭 フードコーディネーター

 1983年千葉県生まれ。専門学校卒業後、栄養士として千葉県内の市立病院に勤務。2009年より小学校で勤務。給食の献立作成や調理指導、食育の授業などを行っている。2013年には、実際に提供されている給食のおいしさなどを競う「全国学校給食甲子園」(第8回・応募総数2266校)で優勝。ドラマでの給食の監修・調理指導など担当。テレビなどのメディア出演も多数。塩分が控えめで、だしや味付け、彩りにこだわったレシピ作りに励んでいる。著書に、「日本一の給食メシ 栄養満点3ステップ簡単レシピ100」(光文社)「ママと子の「ごはんの悩み」がなくなる本」(サンマーク出版)「日本一の給食レシピ 子どもがすくすく育つ」(講談社)

Instagram:https://www.instagram.com/matsumaru.susumu/
ブログ:小学校栄養士 松丸 奨のブログ

松丸奨の「おとなの給食アレンジレシピ」の一覧を見る

最新記事