文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

教えて!ヨミドック

 病気や健康の疑問に、読売新聞の医療サイトのキャラクター、ヨミドックが答えます。

医療・健康・介護のニュース・解説

水虫 治す方法は?…放っておくと、足の爪に入り込んで「爪水虫」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
水虫 治す方法は?…放っておくと、足の爪に入り込んで「爪水虫」に

   足の指がかゆくて! 

 ヨミドック  どれどれ見せてください。小さい水ぶくれがあり、皮が薄くむけていますね。水虫かもしれません。

   どこでうつったんだ。

   水虫の原因の 白癬はくせん 菌は、身近に存在する真菌(カビ)です。国内では5人に1人が水虫という調査があり、温泉やスポーツジムのマットなど、あちこちにいると考えてください。菌が足に付着した状態が12~24時間続くと感染するといわれています。

   うつるのを防ぐには?

   毎日、せっけんで指の間まで優しく洗えば、感染はかなり防げます。白癬菌は、剥がれ落ちた皮膚のかけらの中でも、何か月も生き続けます。水虫の家族がいたら、スリッパやバスマットの共有を避け、こまめに掃除機をかけましょう。菌は温かく、じめじめした環境を好みます。同じ靴をはき続けず、靴を乾燥させることも大切です。

   自然に治らないかな。

   残念ながら、自然に治ることはまずありません。冬場など一時的に良くなったようでも、白癬菌は皮膚表面に潜み、夏場になると症状がぶり返します。放っておくと菌が増え、足の爪に入り込んで「爪水虫」を引き起こします。

水虫 治す方法は?…放っておくと、足の爪に入り込んで「爪水虫」に

   爪まで水虫に?

   進行すると、爪がぼろぼろと崩れたり、変形したりします。痛みが出て、うまく足先に力が入らず、歩きにくくなることも。リハビリ病棟での研究で、爪水虫がある人は、ない人に比べて転倒しやすいと報告されています。爪水虫は、かゆみなど症状が乏しいため、気づかぬうちに悪化し、白癬菌の巣になりがちです。爪が白や黄色に濁ってないか、分厚くなってないか、日頃から注意しましょう。

 足から頭や股などに感染が広がって、発疹やかゆみが出ることもあります。同居者にもうつしてしまいます。

   どうすればいい?

   水虫は、見た目や症状だけでは分かりません。市販の水虫薬もありますが、自己判断せず、まずは皮膚科を受診することをお勧めします。顕微鏡で白癬菌の有無を確認して、他の皮膚疾患と見分けます。水虫と診断されたら、塗り薬で治療します。爪水虫の場合は、飲み薬も使いますが、進行したケースは治療に年単位の時間がかかることもあり、早期発見・早期対応が大切です。(影本菜穂子/取材協力= 常深つねみ 祐一郎・埼玉医大教授、木村 有太子うたこ ・順天堂大非常勤講師)

 ヨミドックは読売新聞の医療サイト・ヨミドクターのお医者さんキャラクターです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

教えて!ヨミドックの一覧を見る

最新記事