文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

ワクチン接種受けた男性の肩の神経損傷、市が30万円支払いで示談成立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 滋賀県草津市は27日、昨年6月に新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた60歳代男性に対し、「注射の針が神経を損傷した」として、約30万円の損害賠償を支払うことで示談が成立したと発表した。

ワクチン接種受けた男性の肩の神経損傷、市が30万円支払いで示談成立

ファイザー製のコロナワクチン

 市によると、男性は昨年6月13日、市内の医療機関で実施された集団接種で、ファイザー社製のワクチン接種を看護師から左肩に受けた。翌日から痛みを覚え、医療機関を受診したが改善しないため市に連絡。その後、注射針による「左 腋窩えきか 神経損傷」と診断されたという。

 男性の治療は昨年12月に終わり、日常生活に支障はないものの、今も左肩に若干の痛みと可動域制限があるという。

 市は男性との示談交渉で「看護師の過失ではないが、接種が原因の健康被害」と認め、男性に治療費や休業補償、慰謝料など計約30万円を支払うことで示談が成立したとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事