文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

社会

社会

同居の母親が異臭に気づき110番…クローゼットに乳児遺棄の23歳、殺人容疑で再逮捕

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 自ら出産した赤ん坊を殺害したとして、警視庁日野署は26日、東京都日野市神明、飲食店アルバイト福島千尋容疑者(23)を殺人容疑で再逮捕した。

同居の母親が異臭に気づき110番…クローゼットに乳児遺棄の23歳、殺人容疑で再逮捕

警視庁

 発表によると、福島容疑者は5月23日頃、マンションの自室で、室内で出産したばかりの男児の顔に自身の脚を乗せて圧迫するなどし、殺害した疑い。

 福島容疑者は男児の遺体をクローゼット内に隠したとして今月5日に死体遺棄容疑で逮捕された。当初の調べに「子どもの顔に脚を乗せた」と供述していたが、現在は黙秘している。

 福島容疑者は同居する両親に妊娠と出産を隠していたが、母親が5日に異臭に気づいて110番した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

社会の一覧を見る

最新記事