文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

東ちづる 山あり谷ありダイアリー

 俳優の東ちづるさんは、骨髄バンク支援をきっかけに、長年ボランティア活動に取り組んできました。代表を務める一般社団法人「Get in touch」は、誰も排除しない「まぜこぜの社会」をめざして、アートや音楽、映像、舞台などのエンターテインメントで活動しています。自身のアップ&ダウンな日々を軽快な筆致で綴ります。

医療・健康・介護のコラム

「眉間にシワ寄せて逝きたくない」…言葉通り、優しい顔でこの世を去った父

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

同じ年齢を迎えて思うこと

「眉間にシワ寄せて逝きたくない」…言葉通り、優しい顔でこの世を去った父

プロレスラーのダンプ松本さん(右奥)、越中詩郎さん(右手前)と

 誕生月間ということで、仕事や活動仲間、事務所からお祝いをしてもらった6月。そのたびに、感謝と同時に希望や元気も湧いてきて、ホッとしていました。

 実は、6月5日の朝は「とうとう62歳を迎えたなあ」とシンミリしていましたので。その日が近づくと、胸にへばりついている何かが大きくなるような感じがあったのです。

 父チトシは62歳で他界しました。

 自分もその年が近づいてきて、シミジミ思い始めたのです。若かったんだなあ。さんざん働いてきて、これからの人生を楽しんでほしかったなあ、と。

 前回も書きましたが、誕生するということは、死に向かって生きていくということです。「おめでとう」と言われる月に、死を考えるなんて不謹慎、縁起でもないと言われそうですが、父チトシの臨終について書こうと思います。

 私は両親が元気な時から、病気の告知や延命などについて話し合っていました。決してスムーズにその対話が進んだわけではありませんが、時間をかけて両親の終末のリクエストを聞き出していったのです(詳しくは、拙著「らいふ」(講談社)を読んでくださいませ)。

 「延命治療はいらない」

 「眉間にシワを寄せて逝きたくはない」

 「骨は海にまいてほしい。葬式もお墓も無用だ」

 父チトシらしい独特のリクエスト、要は遺言ということです。家族に迷惑をかけたくないという思いからだったのでしょう。「ちづるはちづるの人生じゃけねえ、自分の思うように生きたほうがええんよ。困った時はいつでも帰ってきなさい。逃げてええんじゃけ」と、妹や母ヒデコにも、同じように言っていました。ですから、自分も好きなように生きたい!ということだったのでしょう。基本的には家族第一の父でしたが、時として、自分勝手で困った人でもありました。

1 / 3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

azuma-chiduru_prof

東ちづる(あずま・ちづる)

俳優。 一般社団法人Get in touch代表。 広島県出身。会社員生活を経て芸能界へ。ドラマ出演や司会、講演、出版など幅広く活躍。骨髄バンク支援等のボランティアを30年間続けている。2012年、アートや音楽、映像、舞台等を通じて、誰もが自分らしく生きられる“まぜこぜの社会”を目指す一般社団法人 Get in touchを設立。記録映画「私はワタシ over the rainbow」、演劇プロジェクト「月夜のからくりハウス」(ともに動画をVimeoで配信中)などの企画・プロデュースを手がけ、自らも出演している。『東京2020NIPPONフェスティバル』のひとつとして世界に配信される「MAZEKOZEアイランドツアー」(無料配信中)の総合構成・演出・総指揮を担当。著書に、母との葛藤を乗り越えるまでの体験を綴った『〈私〉はなぜカウンセリングを受けたのか~「いい人、やめた!」母と娘の挑戦』、エッセー集『らいふ』など。

東ちづる 山あり谷ありダイアリーの一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事