文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

大川智彦「先手を打って、病に克つ」

 「現代最高の医療」は「病気の早期発見・早期治療」です。最新の知識、そして高度な治療技術も、病気を早く見つけ、重篤化を防ぐ「予防医療」にはかないません。放射線の専門医、それに検診センターでの医師経験をもとに、「がん」や「生活習慣病」、「認知症」などについて、どうすれば「早期発見・早期治療」につながることができるのか、わかりやすくお伝えしていきます。

医療・健康・介護のコラム

膝の痛み、腰痛、高血圧症、糖尿病…肥満は万病のもと。内臓脂肪はがんや認知症の原因にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
膝の痛み、腰痛、高血圧症、糖尿病…、肥満は万病のもと。内臓脂肪はがんや認知症の原因にも

 日本に「飽食の時代が来た」とされたのは1970年代でした。終戦直後の深刻な食糧難から、四半世紀ほどで国民の食生活は大きく改善したわけです。家庭の食卓には、海外発のメニューが並ぶようになり、外食環境も充実したことで、日々の食事は高カロリー化していきました。人々が広く「自分の体形」に関心を示すようになったのも、そのころからだったと考えられます。生活が豊かになり、余暇の充実やファッションの多様化に合わせて、「もっと痩せたい」と考える人が増えていきました。

 それにつれて、さまざまなダイエット法が「現れては消え」を繰り返しました。中には効果が怪しいだけでなく、明らかに健康を損なう恐れがあるものまで流行しました。

 やがて、医療・健康の正しい知識の高まりにともなって、「適切な食事と運動」による「健康的なダイエット」が定着してきました。これは喜ばしいことだと思います。

 「自分自身の見た目の変化」がダイエットのきっかけになる人は少なくないと思います。それは社会生活上、大切なことなのかもしれません。「均整の取れたプロポーションを保つ」「好きな洋服を着られる」などは、毎日を楽しく、自信をもって過ごすためのモチベーション(動機付け)となります。同時に、「好きなものを食べられる」「自分の足で好きな場所に行ける」健康状態を保つことが、いつまでも元気に生きていく原動力になることは言うまでもありません。

1 / 5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ookawa-tomohiko_prof

大川智彦(おおかわ・ともひこ)

 佐野メディカルセンター理事。1969年、名古屋市立大医学部卒。放射線腫瘍医として (がん) 研究会病院放射線科などで勤務し、英国留学後、94年、東京女子医大放射線科主任教授に就任。その後、徳洲会病院グループ放射線科部門長、東京西徳洲会病院副院長・検診センター長、佐野メディカルセンター予防医療センター長などを歴任し、2019年より現職。

大川智彦「先手を打って、病に克つ」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事