文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

新・のぶさんのペイシェント・カフェ 鈴木信行

医療・健康・介護のコラム

「地域に住む人の居場所を作りたい」と東京・下町にイベントスペースのある診療所を開設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

名付けて「まる福ホームクリニック」

「地域に住む人の居場所を作りたい」と東京・下町にイベントスペースのある診療所を開設

 新型コロナ禍もあってリモートでゲストと語り合うことが多かった「のぶさんのペイシェントカフェ」だが、今回は私が東京・荒川区でクリニックを開く医師の菅野哲也さん(47)に会いに行くことにした。なんせ、クリニックにカフェをやるようなスペースがあるからだ。

 菅野さんは、乳幼児の診療から高齢者の在宅の 看取(みと) り、新型コロナ感染者も診る総合診療医、つまりプロの町医者だ。2019年に開業した施設の名前は「まる福ホームクリニック」。「まる福」とは町の商店のような名前だ。

 「参加していた街作りプロジェクトで使っていた『まるっと幸福』で『まる福』という名前をそのまま使っています。それに、福島県にあって閉店してしまった実家の雑貨屋の屋号が『丸福』なんです」

 私は、二分脊椎症の障害や複数のがんにかかった経験があって、十数年前から少人数での医療系の勉強会を開催している。医療者、患者という枠を超えたその会に興味を持って来てくれてからのお付き合いだ。当時から「地域のコミュニティー、人がつながれる場になるような場をつくりたい」という夢を聞いていた。開業して半年余りで新型コロナが始まって苦労したと思うが、開業から3年、夢はどうなったのか興味がある。

診療所を受診するついでに、人と出会う場に

 小さな町工場などが目につく下町っぽい地域にある。1階が診療所。2階はオープンスペースにして、ここで健康や教育など様々なイベントを開いている。かつてカフェを経営していた私はコーヒー教室を開催させていただいたことがある。その時は、私がいれたコーヒーを片手に、参加された皆さんが楽しそうに談笑していた。その時間は私にとっても至福だった。

 そんなこの場に来た人がつながれるようなイベントスペースである。

 「この地域の診療所で12年間勤務医として診療してきたけど『昨日は一日だれとも話をしなかった』というようなひとりぼっちのお年寄りがよくいらっしゃて。診療のついでにここで話をしたり、人と出会ったりすることができるといいなぁと思うんですよね」

 確かに健康寿命を延ばしたり、認知症を予防したりするには、地域に居場所があって、人を交流するのがいい、という話はよく聞く。そんな場所を作りたいと思ったというのはよくわかる。それでどんなことをしているのだろう。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

suzuki_nobuyuki_300-300i

鈴木信行(すずき・のぶゆき)

患医ねっと代表。1969年、神奈川県生まれ。生まれつき二分脊椎の障害があり、20歳で精巣がんを発症、24歳で再発(寛解)。46歳の時には甲状腺がんを発症した。第一製薬(現・第一三共)の研究所に13年間勤務した後、退職。2011年に患医ねっとを設立し、より良い医療の実現を目指して患者と医療者をつなぐ活動に取り組んでいる。著書に「医者・病院・薬局 失敗しない選び方・考え方」(さくら舎)など。


新・のぶさんのペイシェント・カフェ 鈴木信行の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事